TOP » いろいろな使い方を考える。 オールインワンジェル活用法プラス » 浸透する洗顔方法について調査!
ポイント1 ポイント1

浸透する洗顔方法
について調査!

浸透する洗顔方法について調査!
  • facebook
  • twitter
  • line

スキンケアをする上で一番大切なこと、実はそれが「洗顔方法」なのです。正しい洗顔がなされないと、その後どんな高い化粧品を使ってケアをしても、お肌に美容成分が浸透せず効果が現れない…なんてことも!それでは、肌にやさしく、オールインワンの浸透力をアップさせる正しい洗顔についてご紹介していきましょう。

基本の正しい洗顔方法5ステップ

ステップ1・まずは手洗いから うっかりしがちですが、洗顔前には手洗いをするのがおすすめです。まず手を清潔にすることで、洗顔料の泡立ちも良くなります。
ステップ2・洗顔料を良く泡立てましょう 顔は泡洗顔をするのが基本。ですので洗顔料を良く泡立てて、密度と弾力のある泡を作るのがおすすめです。泡立てネットなどのアイテムを使うと作りやすいですが、その際は水が少なくならないように気をつけて、なめらかな泡を作るように心がけてください。また、すでに泡状になっている洗顔料もありますので、泡立てるのが面倒、という方はこちらを利用するのが便利です。
ステップ3・洗い始めは皮脂が多くなりがちなTゾーンから 洗顔のスタートは、顔の中でも皮脂が多くなりがちなTゾーンからはじめましょう。手や指でこすって汚れを落とすのではなく、泡で肌を洗っていくのがベスト。目元や口元など、肌が薄いデリケートゾーンは、泡を乗せる感じだけで十分です。
ステップ4・すすぎはぬるま湯で すすぎは冷たい水では肌に刺激となってしまいますし、熱いお湯ではうるおいに必要な油分まで落としてしまいます。ですので、ぬるま湯すすぎをおすすめします。洗顔料が顔に残らないようにすすいでいくのが基本ですが、肌を擦って落とすのではなく、あくまでもたっぷりのぬるま湯ですすいでいくことがポイントになります。
ステップ5・タオルで水分をプッシュオフ! すすぎ終わったら、清潔なタオルで顔に残った水分を取り除いてあげます。この時も、タオルでゴシゴシと水分を拭き取るのではなく、軽くタオルで押さえるようにして、水分を取っていってください。

ワンポイントアドバイス

ポイント1

洗顔前の下準備も正しい洗顔法の大事なポイント

洗顔は、お肌を清潔にするために行うものですから、洗顔前の下準備というのも正しい洗顔法の大事なポイントとなります。それが「クレンジング」と「手洗い」です。顔を洗うのは何と言っても手。細菌がついたままの手で顔に触ることは、お肌を清潔にするためには絶対避けたいですし、汚れがついたままだと洗顔料の泡立ちが悪くなってしまいます。また、洗顔だけではメイクをキレイに落とすことはできません。ですので洗顔前に、クレンジングでしっかりメイクをオフすることが、肌に汚れを残さないために重要となってくるのです。

ポイント2

洗顔後は1分以内にうるおいをチャージしてあげましょう

オールインワンジェルの美容成分をより浸透させるためには、洗顔後1分以内に塗っていくのがベストとされています。洗顔は肌の汚れを落とすと同時に、肌からうるおいを逃がさない“フタ”となってくれる油分(皮脂)も洗い流してしまいます。つまり、洗顔から時間が経てば経つほど、肌から水分が蒸発していってしまうのです。また、洗顔後は毛穴も開いた状態ですので、美容成分が浸透しやすい状態でもあります。ですので、洗顔後はできるだけすぐに、オールインワンジェルでお肌を整えてあげましょう。

こんな洗顔方法はNG!

こんな洗顔方法はNG! こんな洗顔方法はNG!

こんな洗顔方法はNG!

洗顔の目的は、顔に残る汚れや余分な皮脂を落とし、肌を清潔にすることです。ただし、そのことに固執してしまったため、間違った洗顔方法をしていませんか?汚れを落とそうと思って、力を入れて肌をゴシゴシと洗う「ゴシゴシ洗顔」や、ニキビなど吹き出物対策として、1日に何度も洗顔を繰り返すことは、うるおい美肌のためにはNG!これらの洗顔法は肌にダメージを与え、美肌どころか肌トラブルの要因ともなってしまいます。うるおい美肌を目指すなら、よりオールインワンジェルの浸透力を高められる、肌に刺激を極力与えない、正しい洗顔方法で下地を作るのが、とても重要なのです。