TOP » いろいろな使い方を考える。 オールインワンジェル活用法プラス » 実験!保湿力に差は出るのか
ポイント7 ポイント7

実験!
保湿力に差は出るのか

実験!保湿力に差は出るのか
  • facebook
  • twitter
  • line

オールインワンジェルの魅力と言えば、多機能で時短スキンケアができるという点と、高い保湿力にあると言えるでしょう。でも、果たしてどのオールインワン商品も、その保湿力に違いはないのでしょうか?ここでは、いくつかの商品をピックアップして、女性10人に肌湿度計で肌の湿度を計ってもらう実験をしてみました。

保湿力を肌の湿度で計測。
こんな実験内容

【1】10人の女性にモニターになってもらい、まずは何も塗らない状態の肌の湿度(A)を計ります。
【2】オールインワンジェルを塗ります。
【3】1時間後にもう一度、肌の湿度(B)を計ります。
【4】Aの平均とBの平均の差分を出し、これを「アップした保湿度数」(C)とします。
【5】上記、1~4を8商品で測定した結果がこちら

極潤
パーフェクトゲル
9.8pt
ドクターシーラボ
アクアコラーゲン
7.0pt
アクアレーベル
6.8pt
豆乳イソフラボン
とろんと濃ジェル
5.8pt
ハトムギ
5.7pt
パーフェクトワン
4.6pt
ちふれ
4.1pt
セザンヌ
大人のねりジェル
3.9pt

極潤 パーフェクトゲル

平均:9.8ポイントアップ

20代 30代 40代
何も塗らない肌湿度(A) 33.1% 35.8% 35.3%
塗った1時間後の肌湿度(B) 44.9% 46.4% 42.4%
アップした保湿度数(C) 11.8 10.6 7.1

(注)肌湿度は37%以上47%未満で「しっとり」判定の肌湿度計で計測。

どの年代でももっとも保湿力が高かったのは、極潤 パーフェクトゲル。
とろみのあるジェルはすぐに肌になじむ上に、1時間経ってもその保湿力は保たれたまま。塗った直後から、保湿の膜のようなものを実感したという声も。しっとりが保たれる秘訣は、この、肌に吸着するうるおい成分にあるようです。

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEX

平均:7.0ポイントアップ

20代 30代 40代
何も塗らない肌湿度(A) 33.1% 35.8% 35.3%
塗った1時間後の肌湿度(B) 41.1% 44.4% 39.8%
アップした保湿度数(C) 8.0 8.6 4.5

(注)肌湿度は37%以上47%未満で「しっとり」判定の肌湿度計で計測。

続いて保湿が高かったのはドクターシーラボのアクアコラーゲンゲル。
プルプルした乳白色のみずみずしいジェルが特徴で、スパチュラ(へら)がついています。約8千円というお値段からも、プレミアム感を味わいたいときに使いたいひとつ。保湿は30代が最も高い反面、40代になるとうるおい不足を感じる結果に。

アクアレーベル スペシャルジェルクリーム

平均:6.8ポイントアップ

20代 30代 40代
何も塗らない肌湿度(A) 33.1% 35.8% 35.3%
塗った1時間後の肌湿度(B) 41.2% 44.5% 38.8%
アップした保湿度数(C) 8.1 8.7 3.5

(注)肌湿度は37%以上47%未満で「しっとり」判定の肌湿度計で計測。

パッケージに惹かれ、ついジャケ買いをしてしまいたくなるアクアレーベル。
ジェルは固めで、いかにもジェルを塗っている、という実感がしやすいタイプ。固さゆえ、指での掬いにくさを感じることもあり、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。ふたは珍しくネジ式ではなく、上にパカッと開くタイプです。

豆乳イソフラボン とろんと濃ジェル

平均:5.8ポイントアップ

20代 30代 40代
何も塗らない肌湿度(A) 33.1% 35.8% 35.3%
塗った1時間後の肌湿度(B) 40.9% 40.1% 40.7%
アップした保湿度数(C) 7.8 4.3 5.4

(注)肌湿度は37%以上47%未満で「しっとり」判定の肌湿度計で計測。

とろんと濃ジェルにはふっくらもち肌になる豆乳発酵液が配合。30代よりも40代がうるおうという結果になりました。とろんっとした溶けやすいジェルは、使い続けることでその良さが実感できそうな商品です。

ナチュリエ ハト麦保湿ジェル

平均:5.7ポイントアップ

20代 30代 40代
何も塗らない肌湿度(A) 33.1% 35.8% 35.3%
塗った1時間後の肌湿度(B) 40.9% 39.6% 40.8%
アップした保湿度数(C) 7.8 3.8 5.5

(注)肌湿度は37%以上47%未満で「しっとり」判定の肌湿度計で計測。

大容量。化粧水感覚で使え、その上プチプラ。ゆえにあまりしっとり感がないと思いきや、8商品中5番目のランクイン。このうるおい度数でざばざば使えるのはかなりの魅力を感じている方も多く、「うるおいが足りなければオイルやクリームをプラス」という考えでも納得です。

パーフェクトワン スーパーモイスチャージェル

平均:4.6ポイントアップ

20代 30代 40代
何も塗らない肌湿度(A) 33.1% 35.8% 35.3%
塗った1時間後の肌湿度(B) 39.6% 39.9% 38.5%
アップした保湿度数(C) 6.5 4.1 3.2

(注)肌湿度は37%以上47%未満で「しっとり」判定の肌湿度計で計測。

とてもみずみずしく、化粧水に近い感覚で肌になじみます。つけた後もサラサラするので、つけた直後はとても気持ちのいいジェルですが、気になる点としては保湿力。あまりにサラサラするので、つい多めにつけてしまいたくなります。乾燥が気になる季節はちょっと物足りないという声も。

ちふれ 美白うるおいジェル

平均:4.6ポイントアップ

20代 30代 40代
何も塗らない肌湿度(A) 33.1% 35.8% 35.3%
塗った1時間後の肌湿度(B) 40.6% 38.6% 37.3%
アップした保湿度数(C) 7.5 2.8 2.0

(注)肌湿度は37%以上47%未満で「しっとり」判定の肌湿度計で計測。

とろみのあるジェルで、少量でもかなり伸びが良いジェルです。使用感の好みは二分されており、なじみがよいので好みという声もありつつ、塗った後少しぺたぺたする感じが苦手な方もいました。20代のみなさんはうるおいが保たれていますが、30代からガクンと保湿度数減。さくらんぼ2個大が適量のため、ぺたぺたが気にならない方はパール2個大をしっかり塗るとよいでしょう。

セザンヌ 大人のねりジェル

平均:3.9ポイントアップ

20代 30代 40代
何も塗らない肌湿度(A) 33.1% 35.8% 35.3%
塗った1時間後の肌湿度(B) 38.1% 40.2% 37.7%
アップした保湿度数(C) 5.0 4.4 2.4

(注)肌湿度は37%以上47%未満で「しっとり」判定の肌湿度計で計測。

サラッと感が好印象なジェルです。さっぱり系のジェルの中でもつけ心地がよいとの声が多く、これはこれでとても評価の高いジェルでした。早く乾き、さらにさらさらしているため、夏場など汗をかく時期などに限定して使うのもいいですね。プチプラ、なおかつ化粧下地にもなる商品のため、スキンケアだけでなくメイクの時も重宝しそうです。

好みと保湿は別モノ。年齢と向き合おう!

好みと保湿は別モノ。年齢と向き合おう! 好みと保湿は別モノ。年齢と向き合おう!

好みと保湿は別モノ。年齢と向き合おう!

肌に馴染みやすい化粧水をつけている女性から、「もっとシャバシャバしたものを使いたい」「重いテクスチャだと浸透しなそう」と言った声が上がりました。実際にオールインワンジェルを使ってもらったときも、水っぽいゆるめのテクスチャは人気が高いのに対し、もっちりしたジェルは肌に浸透しているかどうかを懸念しながら使用していた方も。

しかし、少し時間を置いて肌の湿度を測ってみると、その差は歴然。塗るときに人気が高かったゆるめのテクスチャは蒸発してしまうのか、しっとり度は低め。もちもちっとしたテクスチャのほうが概ねしっとりするという結果になりました。スキンケアにも好みはありますが、年齢とともに肌の悩みは増えていくものです。年齢と向き合い、自分に合ったものを選ぶのも大事なケアのひとつといえるでしょう。