TOP » オールインワンジェルってなに? » 何を基準に選べばいいのかな? » ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸について

オールインワンジェルはもちろん、多くの化粧品に保湿成分として配合されている「ヒアルロン酸」。体内で水分を保持する働きがあり、お肌のうるおいを守るのにとても重要な役割を果たしています。それでは、保湿成分「ヒアルロン酸」について、ご紹介していきましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
ポイント1

ヒアルロン酸が持っている
美肌効果とは?

真皮層で肌の弾力やうるおいに重要な役割を果たしているコラーゲンやエラスチンと同じく、ムコ多糖類の1つであるヒアルロン酸。もともと体内にある成分であるヒアルロン酸の多くは細胞間に存在し、主に水分を保持する働きをしています。肌細胞の間にももちろんヒアルロン酸は存在し、お肌のぷるんとした弾力性やみずみずしいうるおいを保つ、重要な働きを担っています。しかし、加齢などの原因によって体内のヒアルロン酸が減ってしまうと、細胞間で水分を保持する力がなくなってしまい、肌が乾燥してハリがなくなり、シワやたるみの要因となってしまうのです。

ポイント2

化粧品に配合されている
ヒアルロン酸の種類

多くの化粧品に、高い保湿効果を持つ美容成分として配合されている「ヒアルロン酸」。ですが、商品によって配合されているヒアルロン酸に、違いがあることにお気づきでしょうか。実は一言にヒアルロン酸といっても、複数の種類が存在するのです。例えば、一番化粧品に用いられているのが「ヒアルロン酸Na」で、水分を保持する能力が高く、配合される濃度が高くなるほどとろみが出やすいという特徴を持っています。その他にも、ヒアルロン酸Naよりも角質層に馴染みやすい「アセチルヒアルロン酸」や、水に溶けやすく浸透力の高い「加水分解ヒアルロン酸」といったものがあり、同じ保湿成分であっても、それぞれに違う特徴を持っています。

ポイント3

注目の成分・
アセチルヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸の種類の中でも、今注目されているのが「スーパーヒアルロン酸」をも称される「アセチルヒアルロン酸」です。“スーパー”と称されるには、もちろん理由があります。そのひとつが、高い保湿力です。アセチルヒアルロン酸の保湿力は、通常のヒアルロン酸より2倍あるとされています。その効果に加えて、肌への浸透力や肌表面に蓋となって留まるといった作用があるため、肌馴染みがとても良く、ケア後も長時間にわたってうるおいを保ってくれる効果も期待できるのです。保湿効果の高い化粧品を一度試してみたい、と思われている方は「アセチルヒアルロン酸」が配合されているものを選ぶと良いと思います。

リボン リボン

まとめ

女性

自分の肌状態に合ったヒアルロン酸を選ぼう

保湿効果の高いことで良く知られているヒアルロン酸ですが、複数の種類がありそれぞれに違う特徴を持っている、ということはあまり知られていません。ヒアルロン酸ならどれも同じ、というわけではなさそうなので、自分の肌状態に合ったヒアルロン酸を使ったケア、というのが一番高い保湿効果が得られる、ということになるようです。中でも注目のスーパーヒアルロン酸「アセチルヒアルロン酸」を配合している化粧品は、浸透力と保湿力の高さが期待できると思います。オールインワンジェルを選ぶ際には、ぜひ成分表を見てどんなヒアルロン酸が配合されているのかチェックしてみましょう。