TOP » お肌のまがり角はいつ?年齢別スキンケア » 50代のスキンケア
50代の

スキンケアの方法と
基礎化粧品の選び方

  • facebook
  • twitter
  • line

50代の肌の特徴

水分とともに油分も減少していく50代

50代の肌で特徴的なのが、肌の水分量の低下だけでなく、油分の減少も顕著であるということです。加齢とともに体内の水分量が減少すると同時に、皮脂の分泌量も減少しています。つまり、50代の肌を乾燥させているのは、水分と油分の不足が主な原因となっているのです。加齢による新陳代謝の衰えも加わって、メイクではなかなかカバーできない、シミやしわ、たるみといった肌トラブルがさらに加速しやすくなります。特に肌のたるみは筋力の低下も手伝って、かなり気になるレベルとなります。フェイスラインがぼやける、ほうれい線がくっきりしてくる、毛穴の広がりなどの症状が目立つようになり、顔全体が疲れたような老け顔の印象になってしまいます。さらに50代に入ると、閉経で女性ホルモンが急激に減少する、更年期に突入します。女性ホルモンの減少は肌に大きく影響を与え、乾燥など様々な肌トラブルを引き起こします。加齢によるトラブルが目立つようになる50代のお肌には、水分と油分が補給できる保湿ケアが必須となってきます。

50代の
肌トラブル

頬や目じりが下がって、しわやシミがよりハッキリと

50代の肌は、水分とともに油分も不足しています。これは、加齢により皮脂の分泌量が減少しているためなのですが、そのため肌が水分を保持する力が低下し、肌はますます乾燥しやすい状態となっているのです。また、代謝機能の低下や血行不良は、肌細胞を弱らせてしまい、ハリのある状態を保てなくなり、たるみを引き起こします。特に目じりや頬はたるみが目立ちやすく、目じりの小じわやほうれい線がハッキリしてしまうのも悩ましいところです。しわの他にもハッキリしてしまうのが、シミの存在です。肌が乾燥すると紫外線が肌の奥までダメージを与え、メラニン色素細胞を活発化させシミを増産させてしまいますし、代謝機能の低下は肌の入れ替えを阻害するため、濃いシミがいつまでも肌表面にとどまり続ける結果となってしまいます。これらの肌トラブルを改善し、肌にハリと潤いを取り戻してあげるには、本格的なエイジングケアと保湿ケアを徹底していくことが望ましいとされています。

50代の
肌対策とスキンケア方法

水分を補給するだけではなく、閉じ込めて保持する

年齢よりも若々しい肌を作っていくためには、やはり保湿ケアが重要なポイントとなります。ただし、若い頃と比べて皮脂の分泌量が断然減ってきているため、水分と油分を同時に補給できるようなスキンケアが、50代の肌にはおススメとなります。肌に油分が不足すると、水分を細胞に留めておくことが難しくなるので、いくら水分を補給してあげてもすぐに蒸発してしまい、乾燥がいっこうに改善されないといったことも起こってきます。ですので、乾燥を改善し肌に潤いを取り戻すためには、水分を補給して油分で閉じ込める、というスキンケアを心がけていきましょう。また、フェイスマッサージで顔の血流をアップさせ、たるみやむくみ、肌のくすみを改善させていくこともおススメのスキンケア方法。ただし、マッサージをする時にはオールインワンジェルなどクリームを使用して、肌を摩擦から保護していくことと、力の入れすぎなどやり過ぎには注意してください。何事もやり過ぎは、逆にたるみやしわの原因となってしまう可能性があります。

50代の
基礎化粧品の選び方

オイルインのものを選んでエイジングケアを

50代のスキンケアには、油分の補給もできるオイルインの化粧品を選ぶのがおススメです。オイルインですと、ベタつきが心配とおっしゃる人もいますが、50代にはそんなベタつきも必要なもの。実際に使ってみると、そんなにベタつきは気にならず、かえって長時間肌がしっとりした、という声が多いのも事実です。美白成分の効果でシミやそばかすの改善を、美容成分でハリの復活を、保湿成分で肌に潤いを、そして油分で水分を逃さないようにお肌にフタを、というのが、50代のスキンケアの基本と言っても良いと思います。でもそれだけの効果を得ようと思ったら、いくつもの化粧品を準備しなくてはならないから大変、という方には、エイジングケア用のオールインワンジェルがおすすめです。オイルインの商品もそうですが、老化を促進させる活性酸素を抑える効果が期待できる、抗酸化作用を持った成分が配合されている化粧品も、50代の肌のスキンケアには適した商品であると言えます。