TOP » お肌のまがり角はいつ?年齢別スキンケア » 40代のスキンケア
monday

スキンケアの方法と
基礎化粧品の選び方

  • facebook
  • twitter
  • line

40代の肌の特徴

肌が潤いをなくして乾燥しやすい時期

40代に入ると、安定していたホルモンバランスが崩れやすくなり、早い人では更年期の症状も現れ始めます。また、加齢による体内の水分量の減少も進むため、肌がより乾燥しやすい時期であると言えます。これまでの目元・口元といったポイント部位だけではなく、顔全体が乾燥しやすくなるため、シミやしわ、たるみといった肌トラブルも、全体的に現れるようになります。さらに新陳代謝も活発にはおこなわれなくなるため、肌の表面にある角質層に古い細胞がとどまり続け、シミが消えにくいばかりか濃くなる危険性も。コラーゲンやエラスチンなど、真皮層を構成する美容成分の生成も衰えてくるので、肌がたるみやすくなり毛穴も目立つようになってきます。このように40代の肌は、乾燥しやすく老化がハッキリ出始めるのが特徴となっています。肌から潤いが奪われやすく、外部刺激によるダメージも受けやすい状態となっていますので、日頃からの保湿ケアがより重要となってきます。

40代の
肌トラブル

乾燥やシミ・しわがよりハッキリと現れるように!

女性ホルモンの減少により、40代のお肌はより乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると、肌表面にあるバリア機能が働かないようになってしまいます。肌のバリア機能には、紫外線などの外部刺激によるダメージをブロックし、肌細胞から必要以上の水分が蒸発してしまうのを防ぐ役割があります。つまり、バリア機能が低下すると、紫外線が表面でブロックされず、肌の奥まで届いてメラニン色素細胞の生成を活性化させてしまい、シミやそばかすを作り出す結果に繋がります。また、肌から水分がどんどん蒸発してしまうようになるので、ますます乾燥がすすんでしまうという悪循環に。肌の乾燥はシミやそばかすの他にも、しわやたるみといった肌トラブルも発生させます。肌がたるむことで、目元や口元の小じわがさらにハッキリするようになるとともに、ほうれい線も目立つようになってきます。その他にも、血行不良のため肌の色がワントーン暗くなる、くすみも40代の肌のお悩みとしてあげられます。

40代の
肌対策とスキンケア方法

より保湿を充実させるとともに、肌への刺激には注意しよう

乾燥が進みやすくなる40代の肌には、潤いのチャージは欠かせません。肌を美しい状態へと導くためには、よりしっかりとした保湿ケアが必要となるのです。しかし、この年代になると、減少していくのは水分ばかりではありません。お肌のハリや潤いには欠かせない、コラーゲンやヒアルロン酸の量も減少傾向になっているのです。そのため、エイジングケアとしてそれら美容成分の補給も、とても重要となってきます。もちろん、紫外線などの外部刺激から肌をガードするのも、怠らないように注意していきましょう。また、乾燥した肌はとても敏感でデリケートになっていますので、ゴシゴシ洗顔などで肌に余計な刺激を与えてしまうのは、かえってトラブルを起こす要因となってしまう可能性があります。スキンケアをする時には、洗顔はあくまでも泡洗顔で肌にやさしくおこない、力を入れすぎたマッサージや必要以上のパッティングは避けるなど、肌に負担をかけないように心がけるようにしましょう。

40代の
基礎化粧品の選び方

美容成分も充実した保湿力の高いものを選ぼう

40代のスキンケアには、保湿力に加えてエイジングケアに効果的な美容成分が配合された化粧品の利用が適しています。乾燥が進んでいる肌に潤いをチャージするとともに、低下しがちな美容成分を補給してあげることで、肌細胞を元気にしてあげることを目指しましょう。まだ皮脂の分泌が活発だった20代の頃の保湿ケアでは、さっぱり系の化粧水や乳液、オールインワンジェルなどがおススメでしたが、40代になるとそれでは保湿が物足りなくなります。基礎化粧品を選ぶ時はさっぱり系よりも、しっとり系のものを選ぶようにした方が、40代の肌ケアにはおススメです。乳液よりもクリームの方が肌に合ってきますし、オールインワンジェルもエイジングケアに適したものを選ぶと、しっかりと肌を保湿して肌バランスが整いやすくなります。乾燥からお肌を守って必要な美容成分を補給してあげるとともに、UVケアと美白ケアも継続することで、年齢よりも若々しいハリとツヤのある美肌を手に入れましょう。