TOP » お肌のまがり角はいつ?年齢別スキンケア » 60代のスキンケア
60代の

スキンケアの方法と
基礎化粧品の選び方

  • facebook
  • twitter
  • line

60代の肌の特徴

乾燥、肌のごわつき、たるみ、しわなど老化がよりハッキリと

加齢により新陳代謝や血流、筋力が衰え、体の老化をより実感してしまう60代。もちろん、お肌も例外ではありません。より肌は乾燥するようになり、たるみやしわ・シミは大きくハッキリと現れるようになってきます。改善のためにスキンケアをしても、なかなか成果が現れにくいというのも、60代の肌の特徴と言えるかもしれません。ですが、そこで年齢を理由にスキンケアを諦めてしまっては、ますます肌の老化は進んでしまい、年齢よりもかなり老けた印象となってしまいます。20代の自分に時間を戻すことはできませんが、実年齢よりも若々しい美肌を作っていくことはできます。毎日のスキンケアで不足している水分や油分をじっくりと補給してあげ、ごわついた肌を柔らかく、たるんでくすんでいる肌に潤いと艶を取り戻しましょう。また、年齢を重ねた肌はとてもデリケート。つい面倒になってしまいがちですが、日中の紫外線対策も、肌をダメージから守ってスキンケアによる保湿効果をアップさせる、大事なおすすめポイントになります。

60代の
肌トラブル

乾燥を発端とした肌トラブルが続出!

60代の肌トラブルの殆どが、老化現象と言われるものに通じています。新陳代謝が低下して肌のターンオーバーが滞り、シミが濃いまま取れづらくなり肌もごわつきます。水分を始め油分、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分といった、もともと体に存在して肌を健やかに保っていたものが減少することで、しわ、たるみ、乾燥といった肌トラブルも現れます。肌のトラブルは顔だけではなく、全身にも及びます。60代に入ると、体内の水分量はますます減り、潤いを保つのに必要な成分であるセラミドも減少します。するともちろん、体の皮膚も乾燥が進みますので、お風呂上がりなどに強い痒みが襲うトラブルも起こりやすくなります。さらに心配なのが、肌を掻き壊してしまい傷つけてしまうと、感染症などさらに思い皮膚疾患へと移行する可能性です。こうした肌へのダメージをなくし、肌全体を健康な状態に導くためには、乾燥から肌を守る保湿ケアがとても重要になってくるのです。

60代の
肌対策とスキンケア方法

1に保湿2に保湿、34がなくて5に保湿★

60代の肌を健やかな状態に導き、年齢よりも若々しい肌へとしていくには、何よりも保湿が重要となります。潤ってハリのある美肌を目指すには、減少してしまっている水分や油分、美容成分などを、肌の一番奥にある真皮層にまで浸透させ、必要な場所に必要なものを届けてあげることが大事です。そのためには、まず浸透しやすい状態をつくってあげるために、洗顔で顔に付着しているホコリなどの汚れを、しっかり落としていきましょう。ですが、60代のお肌は敏感でデリケートですから、ゴシゴシ洗いなどやり過ぎには十分注意してくださいね。毛穴から不必要な汚れが落ちると、外からの保湿成分や美容成分が浸透しやすくなります。そこへ保湿成分を豊富に含んだ化粧水や乳液、クリーム、オールインワンジェルなどをたっぷり使用して、じっくりと浸透させてあげるようにしましょう。減少することの方が多いですから、与えすぎということはまずありません。コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなど美容成分も、十分に補給してあげましょう。

60代の
基礎化粧品の選び方

肌への刺激が少なく手間がかからないワンジェルがおすすめ

60代のご意見として、日々のお手入れが面倒だという声は少なくありません。年齢を重ねるごとに、より丁寧な保湿を始めとするエイジングケアが必要となってきますが、いくつも化粧品を揃えるのはお金もかかるし、それを順番を守って使っていくのもおっくうだということで、ついケアを怠ってしまいがちになるのだそうです。そんな60代におススメなのが、1つでいくつもの機能を持つオールインワンジェルです。これならば、洗顔後のケアが1つで完了するので、手間がかからず面倒がありませんから、毎日のケアを続けやすいというメリットがあります。実際にお使いになる場合は、オイルインでエイジングケア用のオールインワンジェルを利用するのがおススメです。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど、美容成分を多く配合したものや、抗酸化作用のある成分を配合したものも良いでしょう。夜などお手入れ時間に余裕がある時は、パックシートなどを活用して、さらにゆっくりと保湿ケアをしてあげるのも、おススメとなります。