TOP » お肌のまがり角はいつ?年齢別スキンケア » 20代のスキンケア
20代の

スキンケアの方法と
基礎化粧品の選び方

  • facebook
  • twitter
  • line

20代の肌の特徴

前半と後半でお肌に変化が!密かに老化への扉が開く年代

20代という年代は、ホルモンバランスも安定していてお肌が最も女性らしく輝く時期と言われています。皮脂の分泌量も多いため、顔のてかりなどオイリー肌でお悩みの人の方が多いでしょう。

しかしこれも、20代前半まで。25歳を過ぎ20代後半に入ると、これまで感じなかった乾燥を目元や口元に感じる、混合肌の人が増えてきます。実はこの変化、密かに肌細胞の老化が始まった合図!これまで保持されていた体内の水分量が徐々に減少し始め、肌の代謝機能も低下傾向に入ったことを指しているのです。その変化は大きいものではないため、殆どの人は老化が始まったとは思ってもいないでしょう。

このように20代の肌は、密かに始まる老化の影響により、前半と後半で肌状態がオイリー肌から混合肌へ、静かに変化していくことが大きな特徴となっています。また、変化とともに肌のバリア機能も前半よりは弱まるため、紫外線などの外部刺激に対しダメージを受けやすくなっていくのも、20代の肌の特徴です。

20代の
肌トラブル

20代の肌に起こりやすい肌トラブルは?

20代の肌に起こりやすい肌トラブルが、「大人ニキビ」です。大人ニキビができる原因は、偏った食生活、睡眠不足など生活習慣の乱れ、ストレス、喫煙、飲酒、紫外線ダメージ、生理といったことが挙げられています。20代というと、始めて社会に出て働き始める時期。初めての仕事や会社での人間関係などでストレスも溜まりやすく、残業や飲み会などで生活習慣も乱れやすい傾向にあります。それに加えて、20代後半に入ると乾燥も始まるとは言え、まだまだ皮脂の分泌量が多いことも、大人ニキビができてしまう要因となっています。大人ニキビは繰り返し起こりやすく、ニキビ後にもなりやすいので予防のためのケアは必須です。また、毛穴に皮脂が詰まりやすいことから、苺のように毛穴が黒くポツポツと目立つ、といったような毛穴トラブルも20代の肌に起こりやすいトラブル。余分な皮脂を取り除いて肌を清潔な状態に保つことはもちろん、生活習慣の見直しが改善への鍵となってきます。

20代の
肌対策とスキンケア方法

肌対策とスキンケア方法

20代の肌は前述した通り、前半と後半で変化が起こる、いわば「お肌の変わり目」。20代後半になるにつれ細胞レベルで乾燥が始まり、オイリー肌から混合肌へという風に、肌の状態が変わってくる人が増えてきます。混合肌の特徴は、Tゾーンのように皮脂が過剰分泌しやすくオイリーな部分と、目元や口元など乾燥しやすい部分が混在するという点。ただ、20代の場合、乾燥はまだ始まったばかりなので、殆どの方は保湿よりも皮脂の除去の方にスキンケアの重点を置いていることでしょう。確かに、過剰な皮脂をオフすることも大事ですが、その皮脂の分泌を抑える目的でも保湿ケアはとても大事なのです。皮脂の過剰分泌は、肌が乾燥を防ごうとする自己防衛が要因の場合もあります。そのため、保湿ケアをおこなって肌を整えてあげることが、皮脂の過剰分泌を抑えるのに繋がるのです。また、UVケアで紫外線から肌を守るのも、乾燥や皮脂の過剰分泌を改善する、とても有効なスキンケア方法となります。

20代の
基礎化粧品の選び方

取りすぎない、与えすぎないがポイント

乾燥よりも、まだオイリーなことが気になりがちな20代の肌のスキンケアは、「取りすぎない・与えすぎない」というのがポイントになります。顔の皮脂や汚れをしっかり落とそうと、ゴシゴシと顔を洗ってはいませんか?確かに余分な皮脂や汚れを落として、肌を清潔に保つことは、スキンケアの基本と言えます。けれども、あまりゴシゴシ洗顔にこだわってしまうと、肌にとっては必要な油分まで落としてしまいます。そうすると、肌から水分が蒸発するのを防げなくなり、肌の乾燥を促進させてしまいますし、足りなくなった油分を補うため、肌は皮脂を過剰に分泌させてしまいます。また、美肌のためにと色々な化粧品を使ったスキンケアを頑張ってはいませんか?20代の肌は、まだ皮脂の分泌も活発で、乾燥もそれほど強くはありません。そこにあまり多くの栄養を与えてしまうと、肌は肥満状態になりかえって肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。ですので、基礎化粧品はできるだけシンプルにするのが良いでしょう。例えば、さっぱり系のオールインワンジェルなどで、与えすぎない保湿ケアをするのがおススメとなります。