TOP » オールインワンジェルの肌への効果を紹介 » オールインワンジェルのほうれい線への効果を完全解説!

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

オールインワンジェルが
ほうれい線にもたらす効果とは?

ワンステップでスキンケアが済む、忙しい女性の心強い味方がオールインワンジェル。時短に役立つアイテムとして知られていますが、果たしてほうれい線ケアへの効果はあるのでしょうか?年齢を重ねるごとに気になるほうれい線に対して、オールインワンジェルを使うメリットと与える効果を紹介します。

  • facebook
  • twitter
  • line
ポイント1

ほうれい線の原因

ほうれい線とは

ほうれい線とは、小鼻の脇から口のはしへと走る長い溝のことを指します。人によっては若い頃から、笑顔など表情を変えた際にくっきりと浮き出て見えるでしょう。ただしこの深い線は、シワとは異なり筋肉の境目部分を示しています。そのはずが、いくつかの原因によって表情を変えていないときでも2本の陰影が目立ち始めると、多くの女性を悩ませる肌トラブルへと発展するのです。

ほうれい線の原因は主に5種類にまとめられる

ほうれい線の原因は主に、以下のようなものが考えられます。適切な対策をとるためにも、まずはこれらの改善から目指しましょう。

・顔のむくみ
・表情筋の衰え
・肌の乾燥
・姿勢
・精神的ストレス

表情筋の衰えは、肌のたるみを引き起こす要因です。また潤いを失った肌はシワを作り、ほうれい線も目立たせるでしょう。姿勢の悪さやストレスは血行を悪化させて、老廃物の停滞を引き起こし、ひいてはむくみの原因となるでしょう。

ポイント2

オールインワンジェルでほうれい線をケア

保湿して乾燥による浅めのほうれい線を改善

オールインワンジェルに期待できるのは、保湿によって乾燥を防ぎ、ほうれい線を予防することです。上述のとおり、ほうれい線は乾燥で目立ちやすくなります。ただし乾燥が原因のものは比較的軽度で、きちんと保湿をすれば改善が期待できます。

肌がかさつきやすい方でほうれい線が気になり出した場合、保湿効果のある成分が豊富に含まれたオールインワンジェルを使ってケアしてみましょう。

肌の摩擦を減らして優しくスキンケアをする

ほうれい線ケアにオールインワンジェルが優れている理由は、ワンステップで済むという点にもあります。単に「忙しいときに時短ができて便利」というだけでなく、化粧水、乳液、美容液といくつも化粧品を重ねる必要がありません。つまりは肌に触れる回数を減らし、摩擦ダメージの軽減にもつながります。

肌は摩擦によって乾燥を引き起こすため、ワンステップで済むオールインワンジェルは、ほうれい線予防に最適と言えるでしょう。

マッサージクリーム代わりに使ってむくみ改善

オールインワンジェルは、数々の美容成分をゲル化したものであり、多くの場合とろみがついています。種類によってはそのとろみを活かし、最小限の摩擦でマッサージクリーム代わりに使用することも可能です。

ほうれい線は、顔のむくみやたるみから作られやすくなるもの。その要因となる老廃物の停滞、筋肉の衰えを改善するには、ジェルを使った肌に優しいマッサージが効果的です。

ポイント3

ほうれい線ケアの効果を促進させる方法

オールインワンジェルとともに、ほうれい線ケアに効果的なツボ押しマッサージやエクササイズも取り入れてみてはいかがでしょう。総合的なケアを行うことで、より高い角度からほうれい線の予防・改善に働きかけます。

・ツボ押しマッサージ
ほうれい線に効くツボは、頭部に集中しています。黒目の中心からまっすぐ下に下がるラインと、小鼻から横へ伸ばしたラインの交差点にあるのは「巨りょう」。むくみやたるみ、シワなどに効果が期待できる美容のツボです。

また、目じりと耳の穴を結んだラインの中央には、同じくたるみやシワなどに効くとされる「下関」があります。このほかにも血行を促進したり、筋肉や肌を活性化させたりするツボを選んでみてください。

・表情筋エクササイズ
表情筋を鍛えるには、箸を使ったエクササイズがおすすめです。箸をくわえて口を閉じたまま、唇を横に引きます。キープしたあと、次に口角を上げて微笑んだ状態で5秒キープ。さらに口角を上げた状態で歯を見せて笑い、完了です。

自分にあったオールインワンジェルを選ぶには

自分にあったオールインワンジェルを選ぶには 自分にあったオールインワンジェルを選ぶには

自分にあったオールインワンジェルを選ぶには

数多にあるオールインワンジェルのなかから、自分に合うものを選びとるのは大変に感じるかもしれません。そこで購入の前に、ほうれい線への効果が高いアイテムを選ぶポイントを押さえておきましょう。

ほうれい線には、高保湿タイプやアンチエイジング成分を配合したオールインワンが合っています。保湿成分としてメジャーなのは、天然型セラミドや温泉水など。エイジングケアであればコラーゲンやユーグレナ、酵母エキス、プラセンタエキスがあげられるでしょう。天然オイルなどの油分を含有し、肌に蓋をしてくれるタイプもあります。

また、独自の処方を採用したジェルも少なくありません。最新テクノロジーによって肌を引き締め、ハリをよみがえらせる作用や、新しいアンチエイジング成分を配合したものなど、目新しい製品は日に日に増えています。

ただし、美容成分が豊富なものは価格も高くなりがち。オールインワンジェルは毎日のスキンケアに使うものなので、続けやすい価格帯のものを選ぶことも大切です。自分の求める成分や効果と合わせて、コスト面においても納得できるかどうかを考えてみてください。