TOP » オールインワンジェルの肌への効果を紹介 » オールインワンジェルのシミへの効果を完全解説!

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

オールインワンジェルの
シミへの効果を完全解説!

たったひとつで基本のスキンケアが完了するオールインワンジェルは、シミにも効果を見込めるのでしょうか?有用にオールインワンを取り入れるためのヒントは、「シミの原因」を知ることにあります。特に、シミ改善に特化したオールインワンジェルを使いたい方は、製品を選ぶ際に見ておきたいポイントも併せてチェックしましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
ポイント1

そもそもシミができる原因とは?

シミはメラニン色素の沈着によるもの

シミとはそもそも、メラニン色素が肌の組織に沈着したもの。メラニンと聞くと「日焼けやシミの原因」と捉えがちですが、本来の役割は紫外線などの強いダメージを吸収し、肌を守ることにあります。ところが、通常なら肌のターンオーバーによって徐々に排出されていくはずのメラニン色素も、加齢などの要因によって新陳代謝が停滞することで、シミとして残りやすくなるのです。

シミの原因は5種類

シミの原因となるのは、主に以下の5つです。メラニン色素が作られるきっかけと、排出されづらい環境が重なることで色素は沈着しやすくなります。

・紫外線
・タバコ
・ストレス
・不規則な生活
・過労

紫外線と同様に、タバコやストレスもメラノサイトという細胞を刺激し、メラニン色素を合成させます。またこれらが発生させる活性酸素も、肌ダメージの大きな要因。さらに生活の乱れや疲労が重なることで新陳代謝が悪くなり、メラニン色素の排出も遅くなります。

ポイント2

オールインワンジェルでシミ対策

保湿によって肌のターンオーバーを促進する

オールインワンジェルの保湿力には、ターンオーバーを正常にする効果が期待できます。乾燥した肌では、もろい角質のままうまく肌が生まれ変わらず、刺激に弱くなるばかり。肌が潤っていれば、バリア機能が正常に働き、ターンオーバーのしやすい健康な皮膚を維持できます。

またターンオーバーを整えることで、シミの原因であるメラニン色素を排出しやすくなり、透明感のある肌に導くことも可能です。

刺激に負けずシミのできにくい肌に

皮膚の奥で、肌の弾力やハリを支えているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった組織。これら皮膚組織が紫外線ダメージによって破壊されると、たるみや毛穴の開きは無論のことターンオーバーも乱れ、シミのできやすい環境を招くでしょう。

また上記組織は、加齢とともに合成が遅くなるもの。オールインワンジェルで水分を与えつつ、コラーゲンやヒアルロン酸を補給できれば「ダメージに強く、シミができにくい肌」づくりに役立ちます。

シミの有効成分を含んだオールインワンジェル

ひと口にオールインワンジェルと言っても、その効果はさまざま。なかでも美白成分を含んだアイテムは、高い人気を博しています。

シミ対策に特化したオールインワンジェルを探すのであれば、美白効果やメラニン生成を抑える成分を含むものを選ぶことが大切です。潤いを与えつつターンオーバーを正常化しながら、シミの原因をブロックしたり、分解・排出を促したりできるアイテムをチョイスしましょう。

ポイント3

美白オールインワンジェルでシミをケアする方法

美白オールインワンジェルを使う際、パパっと塗っただけでは思うような効果が得られないかもしれません。正しい使い方を理解して、成分の力を活かしましょう。

基本的な注意点としては、惜しまず適量を使うこと。多く取りすぎてもべたついてしまうので、大体500円玉大を目安にしてみてください。それを一度に塗るのではなく、少量ずつゆっくりと馴染ませます。乾燥が気になる部分には重ね塗りをしても構いません。

そのあとにメイクをするのであれば、ジェルが完全に馴染んでから。馴染む前にファンデーションなどを重ねると、よれて白いカスが出ることがあります。短くとも1、2分ほど置いてから下地を塗り始めましょう。

美白オールインワンジェルは即効性のあるものではなく、あくまでも続けることでシミやくすみを予防し、美しい肌を維持するためのものです。たとえば日差しの強い夏季のみ使うより、1年間継続して使い続けることのほうが有意義です。

シミに有効なオールインワンジェルの選び方

シミに有効なオールインワンジェルの選び方 シミに有効なオールインワンジェルの選び方

シミに有効なオールインワンジェルの選び方



成分で選ぶ

配合成分に着目する場合、ことさら気にかけたいのが「保湿」と「美白」。この2点が揃ったアイテムなら、保湿成分がターンオーバーを整えつつ、美白成分がシミの原因にピンポイントに働きかけてくれます。

保湿成分として人気なのは、セラミドやコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、スクワラン、NMF(天然保湿因子)。肌の奥まで水分を浸透させながら、油分で蓋をしてくれるものがベストです。

美白成分であれば、ビタミンCやプラセンタ、トラネキサム酸、アルブチンなど。メラニン生成を抑えてくれるため、シミ予防におすすめです。

使いやすさで選ぶ

オールインワンジェルは、種類によってテクスチャや香り、浸透力が異なります。好みに合わないものを選ぶと、いくら手軽なオールインワンでもなかなか続けられません。

使い心地を追求するなら、固さや伸びやすさ、仕上がりのべたつきの有無はぜひ確認しておきたいところ。なかでも季節を問わず使いやすいのは、よく伸びてべたつかないものです。また甘すぎる香りのアイテムは、夏季や雨の日だときつく感じることがあります。

加えてコスト面も、お財布事情に適したものを選んでみてください。