TOP » オールインワンジェルの肌への効果を紹介 » そばかすにも効果的なオールインワンジェル

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

そばかすにおすすめの
オールインワンジェルとは

肌のシミが加齢や紫外線などの後天的な要因でできるのに対し、そばかすは遺伝的な要因が大きいと言われています。幼少期から思春期に見られるそばかすは、大人になってから消えることもしばしば。しかし、女性ホルモンの乱れや紫外線によるそばかすはケアが必要です。そばかすにおすすめしたいオールインワンジェルをご紹介しましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
ポイント1

そばかすができる原因とは?

そばかすは遺伝的な要素が強い

そばかすの原因は遺伝的要素が大きく、親にそばかすが多い場合、その子どもにもそばかすが出る可能性は高くなります。遺伝的なそばかすは、幼児期から10代の思春期の頃にかけて出始めるのが特徴。鼻の周りや頬、デコルテや肩に出ることもあります。

このそばかすは、大人になると次第に消えたり少なくなったりすることもあるので、しばらく経過観察しても良いかもしれません。特に色白の人はそばかすが目立ちやすいもの。白人にそばかすが多いのもそのためです。

紫外線が原因でそばかすが発生することも

そばかすは遺伝的要素が大きいとは言え、紫外線を長時間浴びることで悪化してしまう可能性があります。そばかすの悪化を防ぐためには、後天的な要因でできるシミと同様に、紫外線対策が重要となるのです。

また、ホルモンバランスの乱れも影響することを覚えておきましょう。女性の場合、妊娠中や出産後にそばかすが増えたり、ピルの服用によって症状が悪化したりすることがあります。また、ストレスや睡眠不足も悪影響となるため注意が必要です。

ポイント2

オールインワンジェルでそばかす対策

メラニン色素を抑制してそばかすを防ぐ

オールインワンジェルのなかには、そばかす対策に有効な成分が配合されているものもあります。そばかすはシミと同様に、紫外線を浴びることで増えたり濃くなったりするもの。その原因となるメラニン色素を抑制することが大切です。

このため有効成分の働きは、「メラニンが作られる過程に働きかける」「できてしまったメラニン色素を還元する」「メラニンを含む角質を剥離する」の3つに分けられます。

代謝を促進させてケアをする

前述のとおり、できてしまったそばかすを薄くするためには、肌の新陳代謝を促し、ターンオーバーを改善することが重要です。シミやそばかすは、メラニンが酸化して色が濃くなっている状態。このとき肌の生まれ変わりをサポートする有効成分によって、メラニンを含んだ古い角質がスムーズに剥離されれば、肌の表面へと排出できるでしょう。一度できてしまったシミやそばかすも徐々に薄くなり、明るく透明感のある肌へと導いてくれます。

使用方法に注意

手軽なスキンケアができるのがオールインワンジェルの特徴ですが、大切なのは正しく使用すること。まず基本となるのは丁寧な洗顔です。顔全体を濡らし、よく泡立てた洗顔料で優しく汚れを落とします。十分にすすいだら、柔らかいタオルで水気を拭き取りましょう。化粧が落ちていないと色素が肌に残り、シミの原因となってしまいます。

オールインワンジェルを適量取ったら、肌の奥までしっかりと浸透するよう軽くハンドプレス。このときマッサージのように肌をこすってはいけません。

ポイント3

どんなオールインワンジェルでそばかすがケアできる?

美白成分の入ったものを選ぶ

オールインワンジェルでそばかすケアをするなら、美白成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。高機能な美白成分として知られる「トラネキサム酸」や「浸透型ビタミンC」は、そばかすだけでなく、治りにくいシミの1種「肝斑」にも有効的です。そのほか「リノール酸」や「アルブチン」にも美白効果が期待できます。

ちなみにオールインワンジェルのテクスチャは、伸びの良いタイプがベター。肌にスムーズになじませることができ、美白効果も高まります。

美白成分は厚生労働省に認められたものを

オールインワンジェル選びの際は、「美白有効成分」配合のものをチェックしましょう。美白有効成分とは、厚生労働省が「シワやくすみ、そばかすの予防効果が期待できる」と認めた医薬部外品のことを言います。

厚生労働省の認可を受けている美白成分は、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、リノール酸、アルブチン、コウジ酸、プラセンタエキス、エラグ酸など。「シミ・そばかすを防ぐ」などの表示がある商品を選んでみてください。

そばかすに有効なオールインワンジェルの選び方

そばかすに有効なオールインワンジェルの選び方 そばかすに有効なオールインワンジェルの選び方

そばかすに有効なオールインワンジェルの選び方

オールインワンジェルは、種類によって配合されている有効成分もまちまち。そのなかでも、そばかすケアに適したものを選ぶことがポイントです。

幼少期から表れることがあるそばかすは、遺伝的な要素が大きいと言われています。しかし、紫外線を浴びることでシミ同様にメラニン色素が沈着し、そばかすができるケースも珍しくありません。紫外線は1年を通して降り注いでいるため、100%カットすることは難しいでしょう。そのため、メラニンの生成をできる限り抑制することが大切です。

紫外線だけでなく、ホルモンバランスの乱れやストレス、睡眠不足なども影響します。シミやそばかすが増えてしまった肌は、メラニン色素が沈着しダメージを受けている状態。肌の代謝を高めることが重要です。

それと同時に、肌が十分に潤っているとバリア効果も高くなり、ダメージを最小限に留めてくれます。つまりそばかすケアには美白成分だけではなく、保湿効果も欠かせません。予防と改善のためには保湿力が高く、美白成分と新陳代謝を促す成分が配合されているオールインワンジェルを選びましょう。