TOP » いろいろな使い方を考える。 オールインワンジェル活用法プラス » アレルギーに傾きがちなエイジングケアは「オールインワンジェル」で

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

16アレルギー性の敏感肌でも安心して使える?

アレルギー性の敏感肌でも安心して使える?
  • facebook
  • twitter
  • line

アレルギー症状によって現れるタイプの敏感肌は、乾燥が大敵。乾燥した肌はガサガサ・ゴワゴワとした触り心地で、かゆみや痛みを伴うこともあるでしょう。こうした症状に心当たりがある場合、オールインワンジェルを使った保湿がおすすめです。うるおいを与えて皮膚をすこやかに保ち、不快な症状を感じにくくしてくれます。

保湿たっぷりのオールインワンジェルで、
つややかな肌へ

敏感な肌へ優しく作用するオールインワンジェル 敏感肌は特定の物質に反応するアレルギーや、季節の変わり目の肌トラブルが引き金となることがあります。そのほかストレス、体調不良など肌がデリケートになってしまう原因はさまざまです。
敏感肌の主な症状は、肌表面がカサカサと乾燥してしまうこと。悪化すると化粧品や衣類などの外的刺激に触れるだけでかゆい・痛い・チクチクするなどの症状が現れます。ひどくなると、乾燥した空気に触れただけで痛みを感じてしまうことも。オールインワンジェルは、デリケートな状態の肌に優しくうるおいを与えます。
敏感肌は、40・50代に多い皮膚トラブル 乾燥性敏感肌は、40・50代の女性に現れやすい皮膚トラブル。更年期が近づくと、肌をつややかに保つ女性ホルモンの分泌が低下し、乾燥しやすくなります。肌が乾燥することでバリア機能は低下し、外的刺激を感じやすい敏感肌を引き起こすのです。
肌内部の層では、角質細胞の隙間を「セラミド」と呼ばれるうるおい成分が満たしています。このセラミドは、外的刺激から肌を守るバリアのような働きをする存在です。バリアが強力に保たれれば、アレルギー物質の侵入を防げるでしょう。
オールインワンジェルなら、お手入れがワンステップ! オールインワンジェルなら水分の補給から油分で蓋をするところまで、ワンステップで完了します。そのため忙しい女性に多く支持されているアイテムですが、肌への優しさも見逃せません。
本来、化粧水・美容液・乳液・クリームとスキンケアには数ステップ必要となりますが、化粧品の数だけ肌に摩擦をかけることになります。すると傷ついた肌の内部からはうるおいが蒸発し、乾燥による肌トラブルを招いてしまうことに。その点、オールインワンジェルは負担がかかりにくく、敏感肌にも使いやすいと言えます。
オールインワンジェルに含まれるセラミドは、肌の水分を逃さない オールインワンジェルに含まれる成分で、もっとも注目すべきはセラミドでしょう。セラミドはもともと肌に存在する成分。体内でも作ることはできますが、積極的に補給することで保湿成分として活躍します。
肌の水分を保持して逃がさないセラミドの性質は、乾燥から肌を守りたい敏感肌のスキンケアにぴったりです。アレルギーに傾きがちな肌を保湿して、すこやかに保つ効果が期待できます。
オールインワンジェルは、肌に優しい成分 油性成分であるセラミドは、化粧水など水っぽい化粧品には溶けにくく、水と油をなじませるために界面活性剤を大量に使わなければなりません。一方でクリームや乳液など油分メインのコスメは、セラミドを配合しやすく界面活性剤は少量で済みます。
つまりオールインワンジェルのなかでも、クリーム状の商品は肌にダメージとなりうる成分の配合量が少ない傾向にあるでしょう。そのほか弱酸性・無香料・無着色・鉱物油フリー・アルコール(エタノール)フリーのアイテムも刺激が少なく、敏感肌でも安心です。

ワンポイントアドバイス

ポイント1

効果的な使い方で保湿力アップ

オールインワンジェルの保湿力アップが期待できる使い方をご紹介しましょう。

1.1プッシュを手に取り、おでこ・鼻・頬・あごに置き、顔の中心から外側に向けて引き上げるように塗ります。
2.両頬に手のひらを置いて、後ろに引き上げるように3回程度なじませてください。
3.おでこ・鼻頭・鼻の横・小鼻の周りなどのTゾーンに優しく塗り込みます。
4.口元はCカーブを描くように滑らせるのがコツ。
5.まぶたと目の下に指を置き、目頭から目尻へ優しくなぞります。

乾燥しやすい目元・口元は重ねづけをすると効果的です。肌に刺激を与えないよう、優しく行いましょう。

ポイント2

オイル美容もできるオールインワンジェル

化粧水や乳液代わりに使えるオールインワンジェルですが、「オイル美容」として活用することも可能です。アレルギーによって乾燥しやすく、肌が敏感に傾きがちなエイジング世代には大きな魅力でしょう。

この年代の肌は、水分だけでなく油分も減少します。その量は20代の頃の油分と比較すると10分の1、40代と比較しても5分の1が減少しているのが事実です。油分が含まれたオールインワンジェルは、これ1本でオイル美容液代わりになります。肌に優しいオールインワンを使って、トラブル知らずのみずみずしい状態を保ちましょう。

アレルギー性敏感肌にもオールインワンジェル

アレルギー性敏感肌にもオールインワンジェル アレルギー性敏感肌にもオールインワンジェル

アレルギー性敏感肌にもオールインワンジェル

アレルギー性敏感肌が気になる方のエイジングケアには、オールインワンジェルがおすすめです。敏感に傾いている肌の多くは、乾燥が原因。更年期を迎えることで女性ホルモンが減少し、常に肌はうるおい不足に陥ってしまうためです。よってしっかり油分を補うケアが大切になります。

油分が配合されているオールインワンジェルなら、しっかり保湿してうるおいをキープ。コラーゲンやスクワラン・サクランなどのほかに、セラミドが含まれているものを選ぶとより保湿効果が期待できます。オールインワンジェルを使えばスキンケアがワンステップになるため、肌への刺激も少なくて済み、摩擦によるダメージから守ってくれるでしょう。