TOP » いろいろな使い方を考える。 オールインワンジェル活用法プラス » オールインワンジェルを使ってアトピー対策

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

15オールインワンジェルは
  アトピーでも使える?

オールインワンジェルはアトピーでも使える?
  • facebook
  • twitter
  • line

皮膚炎の1種であるアトピーは、乾燥によって症状がひどくなることがあるため、何より保湿が重視されます。適切なスキンケアを継続すればバリア機能は回復し、刺激から肌を守れるようになるでしょう。なるべく肌への負担を減らそうと考えたとき、スキンケアにオールインワンジェルを検討するかもしれません。実際に相性はどうなのか、アイテム選びのポイントやケアの注意点などを紹介します。

アトピー肌へのオールインワンジェルの効果

アトピー肌は保湿が大事

アトピー肌の対策には、スキンケアによる保湿が大切。炎症によるかゆみ、赤みなどが主なアトピーの症状にあげられますが、これらは乾燥によって悪化します。潤いを失った肌はバリア機能が低下してしまい、そこからアレルゲンなどが侵入し炎症を引き起こしやすくなるためです。さらにバリア機能が低下すると、余計に乾燥しやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。

スキンケアは炎症が治まってから 保湿ケアは確かに大切ですが、アトピーの炎症が続いている場合は通常のスキンケアではなく、治療を優先させなければなりません。通常のケアをしても良いのは、炎症が治まっているとき。保湿剤を含んだ医療用医薬品のほか一般用医薬品、スキンケア製品などを使っても良いとされています。オールインワンジェルも保湿成分を含んでいるため、基本的には使えると言えそうです。

アトピー肌に合うオールインワンジェル

肌との相性を考えてオールインワンジェルを選ぶ場合、症状の改善を期待できるものや、デリケートな肌に刺激を与えないものを探しましょう。保湿してバリア機能を良好に保てる、アトピー肌に優しいアイテムなら安心して使えます。

保湿成分を含むものを選ぶ アトピー肌は乾燥しやすく、肌のバリア機能も著しく弱っています。潤いを逃がさないために必要なセラミドの生成機能もまた、低下しているかもしれません。そのためスキンケアでは、保湿成分によってしっかりと潤いを保ち、乾燥させないことが大切です。オールインワンジェルを選ぶ際も、保湿力に長けたものを選ぶと良いでしょう。
刺激となる成分を避けて選ぶ スキンケアアイテムのなかには、アレルゲンとなる成分が含まれているものもあります。デリケートなアトピー肌にとって、アレルゲンのリスクは最大限取り除く必要があるでしょう。「肌に優しい」などの表示をうのみにせず、個々の症状や体質に合わせて慎重に選ぶこと。たとえば大豆アレルギーの人は、大豆成分を使ったケア用品は避けたほうが賢明です。

ワンポイントアドバイス

ポイント1

保湿は入浴後すぐに

お風呂で洗顔をするとき、汚れとともに皮脂も洗い流しています。皮脂は肌に膜を作り、水分の蒸発を抑える役割を持つ存在。入浴後はその皮脂が失われているため乾燥しやすく、保湿をしないとかゆみの原因になります。

保湿ケアにオールインワンジェルを用いる場合、入浴後すぐに塗りましょう。お風呂あがりはまだ体に水分が残っており、肌も潤った状態です。手早く保湿をすることでその潤いを閉じ込めるよう、浴室から出たら真っ先にケアすることをおすすめします。オールインワンジェルならワンステップで完了し、さほど手間にもなりません。

ポイント2

衛生面にも注意を

オールインワンジェルを選ぶ際には、衛生面にも注意を払いましょう。容器に雑菌などが繁殖してしまうと、デリケートなアトピー肌にとっては刺激になる恐れがあるためです。

雑菌の繁殖を防ぎクリーンに使い続けるためには、ボトルタイプのほうが安心。ジャータイプのように手指でジェルに触れたり、空気に触れたりすることを避けられて、使うぶんだけ出すことができます。また、ボトルタイプは雑菌に触れる機会が少ないぶん、防腐剤なども少なくしやすいのです。

アトピーにはオールインワンジェルで快適な保湿を

アトピーにはオールインワンジェルで快適な保湿を アトピーにはオールインワンジェルで快適な保湿を

アトピーにはオールインワンジェルで快適な保湿を

アトピー肌は乾燥によって悪化しやすく、炎症が治まっているあいだはたっぷりの保湿が最重要です。保湿力に優れたオールインワンジェルなら、敏感なアトピー肌に対してもその長所を活かし、快適にスキンケアができるでしょう。乾燥しがちなタイミングでもぱぱっと塗れるため、バリア機能をサポートしながら肌状態を改善に導いてくれます。その際は、自分の肌質や刺激の強い成分などに配慮したうえでアイテムを選ぶこと。加えて衛生面でも安心できるタイプを見つけ、アトピー肌の人も安心してオールインワンジェルを活用してみてください。