TOP » いろいろな使い方を考える。 オールインワンジェル活用法プラス » オールインワンジェルの乳液としての使い方

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

18乳液代わりに使用することは
    できるだろうか?

乳液代わりに使用することはできるだろうか?
  • facebook
  • twitter
  • line

化粧水や美容液、さらにパックや化粧下地など、オールインワンジェルは豊富な役割を果たす万能プレーヤー。そんなオールインワンジェルを乳液代わりに使うことはできるのでしょうか?乳液として使う際の注意点や、正しい使い方のポイントを紹介します。また、乳液代わりに使う際の適したタイミングもチェックしておきましょう。

オールインワンジェルは乳液代わりの使用もOK

オールインワンジェルと化粧水の相性は◎ オールインワンジェルはもちろん乳液代わりに使うことも可能です。オールインワンジェル単品で使うよりも、かえってほかのスキンケア化粧品と併用したほうが肌に合う方もいます。
なかでもオールインワンジェルととろみのない化粧水は、相性がもっとも良いとされている組み合わせです。サラサラの化粧水を使用することでオールインワンジェルがさらに馴染みやすくなり、たっぷりと保湿をしながらジェルに含まれている油分でフタをすることができます。
化粧水は必ず先につけよう 化粧水と併用してオールインワンジェルを乳液代わりに使うなら、化粧水を先につけること。基本的にどんなタイプの化粧品であっても、水性でサラサラしたテクスチャのものから塗ることがスキンケアのルールです。そもそも化粧水は乳液よりも先につけるものなので、間違いは少ないと言えますが、正しい順序を念頭に置いておきましょう。
最初に使う化粧水はよく肌に馴染ませ、十分に浸透させてからオールインワンジェルを重ねるようにします。ジェルのあと、さらにクリームなどを重ねても問題ありません。

乳液として使用するオススメのタイミング

肌が特に乾燥する時とき 肌が乾燥するのは冬場だけではありません。夏場でもエアコンの影響などで肌は乾燥しやすいもの。肌の乾燥はトラブルの元になるため、適切なケアで保湿してあげることが大切です。
そんなときに役立つのが、オールインワンジェルと化粧水を組み合わせたケアです。サラッとしたテクスチャの化粧水と、こっくりとしたテクスチャのオールインワンジェルが、水分補給と保湿の役割をそれぞれに果たします。うるおいをギュッと閉じ込め、肌を整える効果が期待できるでしょう。
時間に余裕があるとき オールインワンジェルは、簡単でシンプルなワンステップケアが魅力のスキンケアアイテムです。そのメリットを活かして、朝の時短ケアとしても有効活用されています。ただし時間に余裕があるときには、化粧水をプラスしたじっくりケアに活用してみるのもオススメ。オールインワンジェルにはさまざまな成分や機能が詰め込まれているため、ひとつでも十分ですが、化粧水と合わせることでより保湿重視のスキンケアになります。
その日の肌の調子に合わせる オールインワンジェルと化粧水の併用は、状況に合わせて柔軟にケアを変えられる点もメリット。季節や天候、月経周期などで肌の調子は移ろいやすいもの。そのようなときは、肌の状態に合わせてスキンケアを調整してみるといいでしょう。
たとえば水分量が不足しているときは、化粧水とオールインワンジェルを組み合わせることでうるおいをアップ。あるときはワンステップのシンプルケア、またあるときは重ね塗りでとことん保湿力を高める使い方もできます。

オールインワンジェルは化粧水との併用に便利

オールインワンジェルは化粧水との併用に便利 オールインワンジェルは化粧水との併用に便利

オールインワンジェルは化粧水との併用に便利

こっくりととろみのあるテクスチャのオールインワンジェルは、水分と油分がバランスよく含まれているのが特徴的です。そのため、ほかのスキンケアアイテムと合わせて化粧水代わりにもできますし、美容液代わりにもなります。なかでも化粧水との組み合わせは相性が良く、オールインワンジェルがまるで乳液のような役割を果たすでしょう。さらりとしたテクスチャの化粧水が特にぴったり。水分を補給した肌にオールインワンジェルを塗ることで、より保湿効果を高めることができます。使うタイミングや肌の調子などに合わせて、上手に使いこなしてみてください。