TOP » 【肌実験で検証】おすすめオールインワンジェルの口コミ評判 » アベンヌミルキージェルで肌実験!&口コミ評判を調査しました

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

アベンヌ ミルキージェル

  • facebook
  • twitter
  • line

アベンヌ温泉水とナチュラル成分配合でつるつる肌効果

南フランスのアベンヌ地方に湧く「アベンヌ温泉水」の美肌効果とオリーブやヤシなど多彩な植物由来の成分を配合。浸透力にすぐれた美肌成分だから、肌の奥まで届いて肌のきめやうるおいを引き出します。加えてスキンケア商品でよく使われるヒアルロン酸や、抗酸化作用を持つトコフェリルグルコシドとの相乗効果も期待できます。多くの有効成分が詰まったジェルですが、べとつきもなくしっかり肌になじみます。

日本の女性の肌にこだわった化粧水と乳液のW効果

アベンヌミルキージェルは「アベンヌ ウォーター」をベースに、日本人女性の肌のために開発された、日仏合作のスキンケアジェルです。浸透力やうるおいをアップするために、ミルキードロップバランス処方を採用。発酵ヒアルロン酸をアベンヌ温泉水で包み込む独自のアプローチでなめらかなお肌へと導きます。このジェルには化粧水と乳液、2つの効果があるので、毎日をがんばる日本の女性にふさわしい一品です。

税込み価格6,264
(50g/編集部調べ)
1回当たりの価格 約250
※1回2g使用

テクスチャ、香りはどう?

アベンヌ ミルキージェル

白いジェルは、みずみずしいのにさらっとした質感です。最初はプルプルとした感触なのに、伸ばすうちにクリームのようにしっとりと変化するのが特徴。べたつきが少なく、肌なじみもよいので、春夏の汗をかきやすい時期でもおすすめです。ほのかな香りがついているので、リラックス効果も期待できます。

アベンヌ ミルキージェルの
口コミ・評判

忙しい時もさっと一塗りでスキンケア完了!

朝早く出ないといけないので、化粧水と乳液の効果が一度に出せてとても便利です。いつも朝の洗顔をした後に、手のひら全体で伸ばして顔全体をケアしています。これを塗ると一日お肌の調子がいい感じです。(20代)

肌トラブルに悩んでいた私にもぴったりでした

季節にかかわらずいつも肌トラブルが絶えない敏感肌で困っていました。母に勧められてダメ元で試してみましたが、これが私のような肌質にもマッチしてビックリ。普段のお手入れはこれだけで済ませられるので、ほんと助かっています。(30代)

南仏イメージの爽やかな香りでお気に入りに

匂いフェチの私でも、大満足の爽やかな香りでした。これが南フランスの香りなのかなと思いながら使っています。さらっとしたジェルはよく伸びるのでお肌にもよくなじみます。もちもち&うるおい肌を目指すのなら、これで決まりです。(20代)

時短したい忙しい朝におすすめ!

もとからアベンヌ ウォーターのファンでしたが、このアベンヌ ミルキージェルも、すぐにハマってしまいました。とにかくこれひとつで化粧水と乳液ケアができるから、嬉しいですよね。秋冬にはさらに保湿クリームを塗ると、かさつかずにもっちり感が増しますよ。(40代)

アベンヌ ミルキージェルはこんな人におすすめ

乾燥肌をしっかりと潤わせる

アベンヌ ミルキージェルは、「肌にいい温泉水」で知られているアベンヌ温泉水に乳液機能を加えた、1本2役の美容ジェルです。アベンヌ温泉水由来のミネラル成分や、植物エキス、発酵ヒアルロン酸など、いくつもの成分が配合されており、肌の保湿力を高めてくれます。乾燥肌を徹底的に改善したい人におすすめしたいオールインワンジェルです。

敏感肌の人にも

アベンヌ ミルキージェルは、アベンヌ社が日本での販売を開始してから初めて日仏共同で開発された商品です。日本女性のどんな肌質にも使える美容液として誕生しました。敏感肌の人でも安心して使えるよう、植物由来の成分を数多く配合し、刺激の少ないものを厳選しています。乳白色のジェルはしっとりしているのにべたつきが少なく、肌にしっかりうるおいと弾力をもたらしてくれます。

アベンヌの成分一覧 アベンヌの成分一覧

アベンヌ ミルキージェル オールインジェルの注目成分

アベンヌ温泉水

アベンヌ温泉水とは、南フランス地方のセベンヌ山脈山麓に湧き出た温泉水で、270年以上の歴史を持っています。泉質はカルシウムやマグネシウム、二酸化ケイ素、亜鉛やストロンチウム、リチウムといった微量元素などのミネラルが豊富。そのうえ、透明無色で無味無臭、雑菌ゼロ。敏感肌にも安心の中性です。そのためアベンヌ温泉水は「肌にいい温泉水」として広く知られています。

アボカド油

栄養価が高い果実として知られているアボカドは、「森のバター」とも呼ばれるほど油分が豊富です。そのアボカドから抽出されたアボカド油には、オレイン酸が多く含まれています。オレイン酸は保湿力が高くて肌なじみがよく、特に乾燥などで硬くなった角質を柔らかくする作用があります。また角質層の水分蒸発を防ぐエモリエント効果にも優れています。

ペポカボチャ種子油

ペポカボチャはアメリカ原産のカボチャです。日本では園芸品種として知られていますが、欧米では古くから食用として親しまれています。実だけでなくその種子も、食品あるいは薬効のあるハーブとして利用されてきました。ペポカボチャの種子から作られたペポカボチャ種子油には高い保湿効果があり、皮脂のバランスを整えてくれます。

ギンバイカ葉エキス

ギンバイカは地中海に生息する、白い花を咲かせる樹木です。葉には芳香性があり、強く揉むとユーカリに似た香りがします。イタリアでは、古くから肌にいい作用があると知られており、16世紀頃にはギンバイカを使った化粧水が登場していました。その葉から抽出したギンバイカ葉エキスには皮膚のコンディショニング作用があり、肌に透明感をもたらしてくれます。

発酵ヒアルロン酸

肌の保湿に必要なヒアルロン酸は、40代以降大幅に減少します。そのため補給が大切ですが、ヒアルロン酸は高分子のため、化粧品として使っても肌への浸透率が低い点が課題でした。発酵ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸を発酵分解して分子を小さくしたことで、皮膚への浸透率を大幅にアップ。また従来のヒアルロン酸と比較すると、角質層の保湿力向上及び皮膚のバリア機能回復作用にも優れていることがわかっています。

コンドロイチン硫酸Na

コンドロイチン硫酸Na(Na=ナトリウムの略)は、軟骨や骨、そして皮膚組織にある物質です。磁石のように水分を引き寄せる性質があり、組織の柔軟性や保湿に大きな関わりがあります。化粧品やサプリメントに使われるコンドロイチン硫酸Naは、サメの軟骨などから抽出されたもの。肌になめらかな質感をもたらし、保湿効果を高めます。

グリセリン

グリセリンは皮脂膜の分解によって生成される皮膚成分です。人工的にはココヤシやパームの油脂を原材料として作られていて、ハチミツのようなとろりとした粘性のある液体で、無臭ですが少し甘い味があります。保湿作用に優れ、肌に塗ると角質を柔らかくする効果があるため、数多くの化粧品に利用されている成分です。

スクワラン

スクワランは、もともとは肌の中にある成分です。汗や水分と混じり合って皮脂膜を作り、肌を乾燥や紫外線から守ります。スクワランは30代以降は大幅に減少してしまうので、不足分を補うことが大切です。化粧品などに使われるスクワランは、深海に生息するアイザメなどサメ類の肝油やオリーブ油から抽出される「スクワレン」に水素を添加して作られます。肌なじみがよく、肌細胞の水分蒸発を防ぐエモリエント効果もあります。

トコフェリルグルコシド

化粧品で「トコフェロール」と表示されている成分は、実はビタミンEのこと。ビタミンEは黄色や黄褐色の液体で粘り気があり、不水溶性ですがアルコールや油類には溶けやすい性質があります。そこにブドウ糖(グルコース)を加えたものが「トコフェリルグルコシド」です。トコフェロールは強い抗酸化作用があり、さらにトコフェリルグルコシドになるとエモリエント効果も期待できます。

レシチン

レシチンは、細胞膜を構成する成分のひとつです。水になじみやすい親水性の部分と、油と相性のいい親油性の部分をひとつの分子内に持っています。細胞間脂質に入り込むことができ、水分保持力を高めてくれるので、肌の保湿改善や角質を柔らかくする効果があります。卵黄やピーナッツなどのさまざまな食品に含まれていますが、アベンヌ ミルキージェルに使われているのは、大豆由来のレシチンです。

ベタイン

ベタインとはアミノ酸の一種です。イカやタコ、エビ・カニなどの甲殻類や貝類、ほうれん草や甜菜などの野菜やきのこ類に多く含まれています。肝機能を高めたり、動脈硬化や糖尿病の予防に効果を発揮したりなど、さまざまな健康に関する効果があります。また、吸湿性と保湿性に優れ、浸透性を高める効果があるため、肌にうるおいと弾力性を与えてくれます。

プロパンジオール

プロパンジオールとは、植物性のデンプンを発酵させて作られる100%植物由来の液体成分です。保湿性に優れており、グリセリンとの相性がよく、併用することでさらに高い保湿効果が得られます。そのほかに、抗菌性や肌の水分蒸発を防ぐエモリエント効果も持っていることから、数多くの化粧品に使われています。

5日間使って肌実験してみました

Nokko
レポーター:Nokko(31歳)

肌質 基本的には普通肌。季節の変わり目などに敏感肌になりやすい。
お肌の悩み 昔はよく、口周りなど粉が吹くほど乾燥していたが、現在は落ち着いている。しかし季節の変わり目には荒れやすく、お肌も突っ張り感を感じやすい。
化粧の悩み 両目の二重幅が違うため、メイクを工夫しないと左右差が目立ってしまう。また、マスカラやアイラインがにじみやすいのが悩み。

1日目

before after
アベンヌミルキージェル_計測画像_before アベンヌミルキージェル_計測画像_after
水分量 26% 水分量 36%
皮脂量 41% 皮脂量 24%

とっても心地の良い香りで、スキンケアの時間が癒されます。アベンヌは敏感肌用ということで、お肌に優しいので安心して使えるのが好印象です。これから使い続けるのが楽しみ!

アベンヌミルキージェル

2日目

before after
アベンヌミルキージェル_計測画像_before アベンヌミルキージェル_計測画像_after
水分量 38% 水分量 48%
皮脂量 25% 皮脂量 31%

とってもみずみずしいテクスチャーなので、お肌にのせた瞬間、ぐんぐん吸い込んでいくのが気持ち良いです。朝に使っても、すーっと馴染んでいくので、時間が無い朝にもすぐにベースメイクできるのが嬉しいです。

アベンヌミルキージェルを塗った肌

3日目

before after
アベンヌミルキージェル_計測画像_before アベンヌミルキージェル_計測画像_after
水分量 39% 水分量 45%
皮脂量 26% 皮脂量 29%

ジェルを塗った後はもちろん、時間が経ってもお肌がふっくら柔らかくなります。つい触りたくなってしまうほどの気持ちよさです。ミルキージェルひとつでこんなお肌が手に入るなんてビックリ。

4日目

before after
アベンヌミルキージェル_計測画像_before アベンヌミルキージェル_計測画像_after
水分量 36% 水分量 50%
皮脂量 24% 皮脂量 16%

お肌の潤いはもちろんのこと、全体的に透明感が出てきて、お肌のくすみも気にならなくなってきた気がします!まだ数日しか使っていませんが、お化粧ノリもよくなって嬉しい!コンディション抜群です。

アベンヌミルキージェルを塗った肌

5日目

before after
アベンヌミルキージェル_計測画像_before アベンヌミルキージェル_計測画像_after
水分量 44% 水分量 54%
皮脂量 29% 皮脂量 17%

塗った後も、ふわふわの気持ちの良いお肌が持続するので、日中の乾燥も気になりません。お肌が揺らぎやすい季節も、安心して使えるのがとっても気に入りました!年中使いたいです!

体験してみて

アベンヌミルキージェル使用前の肌
使用前の肌
アベンヌミルキージェル使用後の肌
使用後の肌

お肌に優しいオールインワンジェル

14、5年前の高校生の頃にアベンヌウォーターを愛用していたこともあり、アベンヌは安心して使えるイメージがありました。そんなアベンヌのオールインワンジェルは、とってもみずみずしいテクスチャーで、優しい香りでとても心地良いです。

アベンヌは敏感肌にも使える優しい処方なので、お肌が揺らぎやすい季節にも安心して使えます。コロンとしたフォルムもとっても可愛くてお気に入りです!

ふわふわのお肌が気持ちよすぎる!

オールインワンジェルって、べたつく割に乾燥しやすい、あまり良いイメージが無かったのですが、アベンヌのオールインワンジェルは、みずみずしいテクスチャーがお肌にすーっと馴染んで行って、べたつき感も全くありません。それなのに、保湿力も抜群で、塗ってから時間が経っていても、ふわふわのお肌が持続します。オールインワンジェルというよりは、みずみずしい保湿クリームのようなイメージ!

とても使いやすいテクスチャーなので、季節問わず愛用できるのも嬉しいですね。アベンヌのオールインワンジェルのすごいところは、保湿だけでなく、透明感も実感できるところ。お肌のチカラを優しく底上げしてくれる、頼れる味方です。これからもずっと愛用したいです!

レポーター Nokko

SNS:instagram
ブログ:https://ameblo.jp/nonchan0530