TOP » 口コミ調査!わたしたちに合う オールインワンジェルはコレでした » 口コミ紹介★DHCの薬用Qクイックジェル モイスト&ホワイトニングについて

エイジングも美白もこれ1つ!
年齢が気になるお肌にアタック!

DHC薬用Qクイックジェル
モイスト&ホワイトニング

  • facebook
  • twitter
  • line

透き通る白いお肌に導く配合成分

美白成分として知られるビタミンC誘導体を配合、メラニンの生成を抑える働きがあります。それだけではなく、肌の明るさを作るために働くヒナギク花エキスも配合しているのがポイント。くすみにもアプローチしてくれます。

DHCの技術が
ギュッと詰まったオールインワン

肌にハリとツヤを与えてくれるコエンザイムQ10の研究を行い、独自の技術を使って10倍濃度での配合を実現。とても濃厚で満足できる成分設計で作られています。

税込み価格6,686
(100g/編集部調べ)
1回当たりの価格 約134
※1回2g使用

テクスチャ、香りはどう?

DHC薬用Qクイックジェル

特徴的なのは、練りがらしのような黄色いジェル。これは高濃度のコエンザイムQ10配合のためで、他のジェルに比べるとジェル自体に濃い色がついている珍しいタイプと言えます。しかし、見た目からは想像しにくいほど塗るとスーッと色味はなくなりすぐ肌に馴染みます。塗るとわかりますが、濃いめの黄色でも肌が黄色になることはなく、伸ばすと透明の色味を実感することができます。

香りは、無色透明のジェルに比べて少し強い気がします。オールインワンジェル独特のジェルっぽいにおいそのものが強いという感じ。ただ、どうしても受け付けられないというほどの一風変わった香りではないため、それほど気にならず使えると思われます。

肌に伸ばして少し経つと、しっとりを感じることができます。エイジングケア商品のため、保湿されてる雰囲気があります。少しこするとモロモロする傾向があるので、肌に馴染ませる際はあまりこすらず、ハンドプレスをするとよいでしょう。

DHC薬用Qクイックジェルの
口コミ・評判

初めて肌に合うオールインワンジェルを見つけました

今までいろいろなオールインワンジェルを試してきたのですが、どれも相性が良くないのかいまいちでがっかりしてきたのですが、これは私に合うみたいです。ベタベタした感じがないのに、しっとり感はちゃんとあるし、うるおっているという感覚です。時短でスキンケアもできるので、これからは使い続けたいです!(40代)

あっという間にお手入れが完了します

お風呂から出ると子供を着替えさせたりと自分のことをしている暇がなく、後回しにしてお肌が荒れていました。でも、このジェルを使うようになってからは、時間がない中でもさっと塗るだけ。それなのに、お肌はすぐにさらさらです。うるおい不足かなと心配になりましたが、朝起きるとちゃんとうるおっていました!ワンステップなのにこれだけの効果があるのはうれしいです。(30代)

簡単なのに満足できるお手入れです!

夜は少し厚めに塗って寝ると、翌朝はしっとりしています。もちろん朝も使いますが、洗顔のあとこれを塗るだけのお手入れです。最初はベタつくかなと思ったのですが、すぐになじんでくれるから朝も使いやすいです。シミもシワもないねと褒められるのは、このジェルのおかげだと思います。(50代)

やっぱりこれが一番!と感じます

冬場は口の周りが乾燥しやすくて悩んでいたのですが、こちらを使用するようになってからは冬でも常にしっとり、肌もすべすべしています。違うクリームを使ったこともありましたが、やっぱり私にはこれ、という感じで魅力的な一品です。(30代)

DHC薬用Qクイックジェルはこんな人におすすめ

エイジングケアしたい人に

健康な肌はみずみずしく、しっかりとしたハリとツヤがあるもの。透明感のある肌は、常に女性の憧れですが、残念ながら、肌の老化は20代から始まり、40代頃から急速に加速していきます。DHC薬用クイックジェルは、コエンザイムQ10やヒアルロン酸、コラーゲンなどを配合したオールインワンジェル。加齢とともに減少してしまううるおい成分を効果的に補うことが、エイジングケアには大切なのです。

美白ケアしたい人に

DHC薬用Qクイックジェルは、エイジングケアと美白を中心に多くの成分を配合したオールインワンジェルです。美白成分として配合されているのは、ビタミンC誘導体、ヒナギク花エキス、プラセンタエキスなど。これらはいずれもメラニン生成を抑える作用が高く、日やけによるしみやそばかす対策に効果を発揮します。また、肌のくすみにもはたらきかけるヒナギク花エキスは、肌のトーンを明るくするはたらきがあります。

DHC薬用Qクイックジェルの成分一覧 DHC薬用Qクイックジェルの成分一覧

DHC薬用Qクイックジェルの注目の成分

コエンザイムQ10(10倍濃度)

人間の体内でも作られるコエンザイムQ10。エネルギー生成に必要なビタミン様物質で、化粧品に配合されるときには「ユビキノン」と表記されていることもあります。優れた抗酸化作用があり、細胞の老化予防や、肌のハリとうるおいアップが期待できる成分です。DHCでは独自技術によって、コエンザイムQ10を10倍の高濃度で配合することに成功しました。

ヒアルロン酸

肌にうるおいをもたらす保湿成分のひとつがヒアルロン酸です。真皮組織の隙間に詰まっていて、皮膚表面のクッション機能を果たしています。また、セラミドなどの細胞間脂質と協力して、肌の機能を維持するはたらきも。高い水分保持力がありますが、加齢とともに減少してしまいます。

コラーゲン

スキンケアに欠かせない肌の3大成分のひとつであるコラーゲン。タンパク質の一種で、エラスチンと繊維状に結合することで、肌の真皮層の基礎構造を作っています。コラーゲンが不足すると肌の骨組みが壊れてしまい、しみやしわの原因となるのです。DHCの薬用Qシリーズでは、ヒアルロン酸やコラーゲンをシリーズ共通の美肌成分として配合しています。

ヒナギク花エキス

デイジーとも呼ばれる可憐なヒナギクの花から抽出したヒナギク花エキスには、保湿・抗炎症作用があり、高い美白効果も期待できます。肌は紫外線を浴びるとメラニン色素が生成され、しみやそばかすの原因に。ヒナギク花エキスはメラニンの生成を抑え、白く透き通った肌へと導きます。肌の明るさをサポートする効果も。

プラセンタエキス

「胎盤」を意味するプラセンタは、栄養素が豊富なだけでなく、高い美容効果があることも認められています。よく知られているのは、活性酸素の除去によるエイジングケア効果や、コラーゲン生成促進作用など。DHC薬用Qクイックジェルはメラニン生成を阻止する作用に着目し、日やけによるしみ・そばかすにはたらきかける美白成分として配合しています。

ビタミンC誘導体

美白に欠かせない美容成分がビタミンCです。抗酸化作用に優れ、しみを予防し、体内のコラーゲン生成も促してくれます。このビタミンCを効果的に肌に浸透させてくれるのが、ビタミンC誘導体です。浸透性と持続性に優れ、ビタミンCをしっかりと角質層に届けます。そして、肌のメラニン色素にはたらきかけ、しみやくすみを解消し、新鮮でハリのある肌に整えてくれるのです。