TOP » 口コミ調査!わたしたちに合う オールインワンジェルはコレでした » 口コミ紹介★KOSEのオールインワンジェルグレイスワンについて

50才から頑張る女性を応援!

グレイスワン
濃潤リフト液

  • facebook
  • twitter
  • line

大人のお肌にぴったりの厳選成分を配合

若いころと同じスキンケアでは、うるおいが不足してしまうお肌。大人のお肌にぴったりの成分がグレイスワンには配合されています。2種のコラーゲンや3種のヒアルロン酸、エラスチン、プラセンタ、ペプチドといった成分はもちろん、ローズエキスやアスタキサンチン、ザクロエキスなど…「赤」の保湿成分にこだわって作られました。

ローズの香りでスキンケアしながら癒される

グレイスワンはお手入れの時間も優雅に楽しめる、華やかなローズフローラルの香り。お手入れしながらいい香りに包まれます。忙しくてスキンケアをする時間がないひとにも癒しの時間を。洗顔後すぐに塗るだけで8役のオールインワンです。

税込み価格1,649
(230g/編集部調べ)
1回当たりの価格 約33
※1回2g使用

テクスチャ、香りはどう?

グレイスワン

テクスチャはプルンとしている感じ。復元するジェルなので、すくった部分が次に使うときには元通り。このプルンとしたジェルがお肌にしみこむから、うるおいとハリのあるお肌に導いてくれます。

グレイスワンの
口コミ・評判

とても重宝しています!

1品で何役…というシリーズはいくつか使っていました。伸びもよいし、付け心地も軽めでとっても使いやすい。ベタっとしない感じも好みです。夏だけは違うものを使っていますが、それ以外の季節はメインのお手入れとして使わせてもらっています。(50代)

小じわが目立たなくなったかも…?

今まで使っていたオールインワンから、テスターをいろいろ試してみて決めました。ほのかないい香りがとても好みです。普段は化粧水やクリームを使って、最後のこのジェルという感じで使っているのですが、とても馴染みが良くて、小じわが目立たなくなってきた気がします。(40代)

保湿力が高いオールインワンです

乾燥肌がひどく、同じぐらいの価格で買えるオールインワンでは物足りなさを感じていました。こちらは保湿力が高いため、お気に入りです。塗ってからしばらくすると、肌にハリが出るのがわかります。お化粧の前に使ってもファンデがよれにくくて助かります。(40代)

適度なしっとり感で使いやすい!

復元ジェルなので、使っても形状がもとにも戻ります。テスターを使って購入を決定。乾燥肌がすごいので、オールインワンではなくて美容液として使っています。目元や口元も気になりますが、ふっくらとしてくるような感じです。ベタベタしないので使いやすいですね。(30代)

グレイスワンはどんな人におすすめなのか

年齢肌の悩みを持っている人

年齢を重ねるとともに失われる、肌のハリやツヤ、みずみずしさ。それもそのはず、肌の弾力や保水力を支えるコラーゲンやヒアルロン酸などは、多くが加齢とともに減少します。そんな大人の年齢肌の悩みは、乾燥によるかさつき、ごわつきや、くすみ、しわ、たるみなど。悩みがひとつとは限りません。

グレイスワンは加齢とともに失われがちな美容成分をたっぷりと配合。化粧水・乳液・美容液・クリーム・パック、そしてアイエッセンスと、一本で6役の働きがあり、年齢肌のトラブルをまとめて改善に導きます。

香りも楽しみながらスキンケアしたい人

グレイスワンは華やかで新鮮なバラの香り。これは、グレイスワンに含まれている、ローズエキスなどがもたらす芳香です。

加齢によって引き起こされる肌トラブルは、ストレスが大きな原因の一つとなることも。リラックス効果があるバラの香りは、ストレス解消法にとても有効な手段です。グレイスワンのバラの香りは、しっとりとなじみやすい質感とともに、スキンケアを癒やしの時間に変えてくれることでしょう。

グレイスワンの成分一覧 グレイスワンの成分一覧

グレイスワンの注目の成分

コラーゲンEX・水溶性コラーゲン

肌の弾力やハリを保つコラーゲン。グレイスワンには、水溶性コラーゲンとコラーゲンEXの2種類を配合しています。水溶性コラーゲンは、魚の骨や皮・うろこを原材料とし、コラーゲン本来の構造のまま抽出した成分。コラーゲンEXは、「サクシニルアテロコラーゲン」とも呼ばれ、コラーゲンの中でも最高級品です。保水性や弾力性を与える効果に優れ、安全性が高く抗原性が少ないことから、医療用にも用いられています。

3種のヒアルロン酸

グレイワンには、低分子及び高分子ヒアルロン酸Naと加水分解ヒアルロン酸という、3種のヒアルロン酸が配合されています。肌の細胞と細胞との間に存在するヒアルロン酸は、保水力に優れ、肌の潤い維持に大きく影響する成分。しかし、ヒアルロン酸は加齢とともに減少し、肌のハリや弾力が失われ、肌のカサつきやシワ・たるみの原因に。3種のヒアルロン酸が、肌に潤いを届けます。

シアバターS

アフリカ大陸に生息するシアの木の種子から採取される、天然の固形油脂がシアバターです。アフリカでは、昔から傷の治療、日焼け止め、かゆみ止めの薬として用いられてきました。現在では、美容クリームをはじめ、多くのスキンケア製品に使われています。シアバターの主成分は人の皮脂と似ているため、植物性でも肌になじみやすく、高い保湿効果が期待できるのです。

エラスチン

エラスチンは真皮にある繊維状のタンパク質の一種。同じくタンパク質であるコラーゲンを結合させる大事な役目を持つ成分です。エラスチンとコラーゲンで作られたタンパク質の網にヒアルロン酸などが十分に詰まっていると、ハリやツヤがあるみずみずしい肌となります。しかしエラスチンの生成は20代半ばごろをピークに減少傾向に。そのため十分なエラスチンを補うことが、美しい肌への近道となるのです。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは天然色素の一種で、普段から目にすることも多い成分です。サーモンは赤色をしていますが、その赤色こそアスタキサンチン。その他、エビ・いくら・カニなども赤色をしていてアスタキサンチンが含まれています。アスタキサンチンは高い抗酸化作用があることで有名です。アスタキサンチンは体内で発生する活性酸素を取り除くために働きかけてくれます。活性酸素で体はサビて老化してしまうといわれていますが、その活性酸素を取り除くことでエイジングケアができるでしょう。シミやしわ、たるみ対策ができる成分です。肌も老化することがわかっていますが、アスタキサンチンの抗酸化作用によって若々しい肌を維持しやすくなるはずです。

ザクロエキス

ザクロは美肌に欠かせない成分として注目されています。昔から女性のための果実と呼ばれていたのだとか。果物として食べることもでき、適度な酸味と甘みがあります。ザクロの歴史ははっきりとしていないのですが、紀元前1000年以上前にはエジプトに伝わり、その後世界中へ広がってきました。日本でも、生薬として使われてきた歴史があります。

ザクロはポリフェノールがたくさん含まれているという特徴があります。ポリフェノールは高い抗酸化作用があることで、体のサビだけでなく免疫力のアップにも役立ってくれるでしょう。また、ザクロはビタミンCやカリウムなども多く含んでいます。ビタミンCに関しては、美白効果やシミ予防に役立つと期待されている成分で、透明感のある肌を目指すことができますね。

プラセンタ

プラセンタは、胎盤という意味を持っています。胎盤から抽出されたエキスで、胎児が成長するために必要な栄養素を含んでいるため、栄養満点な成分です。プラセンタはクレオパトラも美容のために愛用していたといいます。日本でも意外と歴史は深く、江戸時代に薬として使われていました。

プラセンタに含まれているのは、アミノ酸やペプチド、DNAやヒアルロン酸など…美肌に欠かせない成分ばかり。肌の代謝を促進する働きがあるため、ターンオーバーを促してくれるでしょう。ターンオーバーが乱れることによって発生しやすいシミなどの対策もできます。

また、プラセンタには成長因子によって細胞の成長も促す効果が期待できるでしょう、細胞分裂が活発になることで、細胞の代謝が良くなることで肌の弾力やハリがアップしやすくなります。肌全体を元気にする働きがあるのが、プラセンタの特徴です。

ローズエキス

バラの花びらから抽出されるローズエキス。ローズオイルとも呼ばれ、香りにはリラックス効果があることが知られていますが、美容品として高いスキンケア効果もあるのです。特に保湿効果や抗酸化作用に優れ、肌細胞の活性化を促します。ローズエキスが持つこのような特長は、エイジングケアにも大きな効果をもたらしてくれます。

ローズヒップオイル

バラの実であるローズヒップは、西洋では古くからジャムやゼリー、ハーブティーなどに用いられてきました。そのローズヒップを原材料とするローズヒップオイルには、必須脂肪酸であるオメガ3とオメガ6、脂肪酸のオメガ9、ベータカロテンが豊富に含まれています。これらの脂質化合物は、肌に潤いを与え、細胞の再生をサポート。肌の柔軟さや弾力性の回復に欠かせない成分です。