TOP » 【肌実験で検証】おすすめオールインワンジェルの口コミ評判 » ミラクルワン リッチ&モイスト

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

ミラクルワン リッチ&モイスト

  • facebook
  • twitter
  • line

大人の乾燥小じわを
うるおいで解決

ミラクルワン リッチ&モイストは、乾燥による小じわなどの悩みが増えやすくなる、大人の肌に適したオールインワンジェルです。ピンクのジャーも高級感が漂い、洗練された大人の女性らしさを感じさせます。豊富な美容成分が含まれており、1つでうるおい補給からオイル美容までできる優れもの。簡単なお手入れなのに、うるおいを与えて閉じ込め、なめらかな肌に導いてくれる効果が期待できます。

年齢肌を助ける注目の
エイジングケア成分配合

ミラクルワン リッチ&モイストには、エイジングケア効果で注目されている「プロテオグリカン」と「フィトポリアミン」という2つの成分を配合しているのが特徴。「プロテオグリカン」は肌のうるおいと弾力に必要なコラーゲンやヒアルロン酸を生み出すとされ、「フィトポリアミン」は肌の糖化・酸化を抑制する効果が期待できます。2つの注目成分で、エイジングの悩みに深く働きかけることができるでしょう。

税込み価格3,600
(56g/編集部調べ)
1回当たりの価格 約128.6
※1回2g使用

テクスチャ、香りはどう?

ミラクルワン リッチ&モイスト

ミラクルワン リッチ&モイストは、一見すると白っぽくクリームのような見た目です。とはいえ、やはりジェルなので、実際にさわってみるとプルプルとした軽く柔らかいテクスチャです。指に乗せるとやや透明感があることも分かります。香りは植物のエキスのためか、フルーティで爽やかな印象。肌に乗せるとのびもよく、馴染むと指先の感触がふっと軽くなるので、高い浸透力を実感できるでしょう。

ミラクルワン リッチ&モイストの
口コミ・評判

香りも使用感も好みに合っています

ミラクルワン リッチ&モイストに出会って、すぐに使用感や香りが気に入りました。香りに癒され、肌のお手入れが楽しいです。ちょうど年齢とともにスキンケアが面倒になってきていたのですが、手軽で簡単なので、気に入っています(50代)

子育て中だけどちゃんとスキンケアできる

出産したばかりで子育てに追われていますが、ミラクルワン リッチ&モイストのおかげで毎日快適にスキンケアできています。自分の時間も少なく、肌のお手入れも後回しにしていました。でも、これならサッと利用できて、お肌がプルプルになるので助かっています(30代)

一日の疲れを香りで癒してもらえる

ミラクルワン リッチ&モイストは、一日の疲れを癒すお手伝いをしてもらうのにピッタリです。お風呂上りの素肌にたっぷりと馴染ませて手のひらで包み込むと、香りがほのかに漂ってきて、ホッとした気分になれます。(60代)

乾燥しやすい季節でもうるおいを感じる

ミラクルワン リッチ&モイストは、これ1つで朝晩のスキンケアができるので助かっています。特に冬から春にかけての時期は乾燥がひどく困っていましたが、たっぷりとうるおうので快適。ほのかな香りも気に入っています。(50代)

ミラクルワン リッチ& モイストはこんな人におすすめ

敏感肌の人に

乾燥で肌のターンオーバーが乱れると、肌のバリア機能が失われます。すると肌荒れや吹き出物ができたり、かゆみや赤みが出たりする原因に。ひどいときにはメイク自体ができなくなってしまうこともあります。敏感肌の人にとって、美容化粧品を選ぶときは、刺激が少ないものを選ぶことが大切になります。ミラクルワン リッチ&モイストは、数多くの美容成分が含まれていますが、合成香料、合成着色料、そしてアルコール類は使われていません。保湿に加え、肌を外的刺激から守る成分も含まれています。

エイジングケアにも

ミラクルワン リッチ&モイストには、年齢肌対策に欠かせないコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンに加え、フィトポリアミンとプロテオグリガンが含まれています。フィトポリアミンには、肌の老化を進める酸化や糖化を予防する効果が。プロテオグリガンはヒアルロン酸に匹敵する保湿効果があり、加齢によって減少するコラーゲンやヒアルロン酸を生みだす作用があります。この2つの成分が、エイジングケアにしっかり効果を発揮してくれるのです。

ミラクルワン リッチ&モイストの成分一覧 ミラクルワン リッチ&モイストの成分一覧

ミラクルワン オールインワンジェルの注目の成分

ヒアルロン酸

肌のうるおい成分として重要な物質の一つです。ヒトの肌の真皮組織は、コラーゲンとエラスチンによる構造体が骨組みとなっていて、その骨組みの隙間にヒアルロン酸を含めた保湿成分が詰め込まれています。ヒアルロン酸は加齢とともに減少していくため、かさつきや乾燥、くすみの原因に。そのため、スキンケアなどで補充することが大切です。

コラーゲン

タンパク質の一種で、肌のハリや弾力性を保つ成分。肌以外にも骨や軟骨、血管、腱など、身体のさまざまな部位に使われています。年齢とともに減少してしまうため、肌のハリが失われ、シワやたるみができやすくなる原因に。コラーゲンもスキンケアなどでの補給が必要です。

エラスチン

肌のハリや弾力に必要な、コラーゲンとともに真皮組織の骨組みである構造体を作る成分です。コラーゲンと同じタンパク質ですが、エラスチンはコラーゲンとコラーゲンを結びつける役目を担っています。みずみずしくハリと弾力のある肌には、コラーゲンとエラスチン、そしてヒアルロン酸が不可欠ですが、エラスチンも加齢によって減少するので補給が必要です。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸はいずれも分子構造が大きいため、そのままでは肌への浸透は難しいとされています。これらを加水分解して小さくすることで、肌への浸透率を高めることができます。

フィトポリアミン

フィトポリアミンとは、ポリアミンを含有したコムギ胚芽です。プトレッシン・スペルミジン・スペルアミンというアミン化合物をポリアミンと総称していますが、このポリアミンはヒトの体内にも存在しています。人体の細胞の増殖や成長に不可欠で、ヒトの皮膚にも存在する物質です。

ポリアミンを含むフィトポリアミンは、コラーゲン生産促進作用と抗酸化作用、そして抗糖化作用に優れています。抗酸化作用とは活性酸素による細胞へのダメージを防ぐこと、抗糖化とは余分な糖分がタンパク質と結合して起こる「糖化」を防ぐことです。肌にとっては酸化も糖化も、シミやシワやたるみなどを引き起こし、老化を加速します。フィトポリアミンの持っている抗酸化作用や抗糖化作用は、肌の老化を予防するはたらきをしてくれるのです。

プロテオグリカン

プロテオグリカンとは、もともとヒトの肌に存在する成分です。かつては希少性の高い物質でしたが、抽出技術が確立し、現在は新しい美容成分として注目されています。ヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促し、そのはたらきを促進する作用があり、プロテオグリカン自身が高い保湿力を持つという点が特長です。

プロテオグリカンの保湿力はヒアルロン酸の1.3倍とも言われています。コラーゲンやヒアルロン酸を上回る優れた水分保持力があるので、乾燥肌を改善する効果が極めて高いのです。また、もともとヒトの皮膚に存在する成分なので、肌への抵抗やアレルギーなどが起こりにくいと考えられています。抗炎症作用に優れていることも確認されており、肌荒れ対策にも効果があります。

ホホバオイル

ホホバとは、メキシコ北部からカリフォルニアの砂漠を原生地とする柘植の仲間の常緑樹です。小さなドングリに似た形の実をつけるのですが、この実を原料にしたものがホホバオイルとなります。アメリカ西岸に住む先住民族は、ホホバオイルが保湿性に優れていることから、肌や髪の手入れに利用していました。彼らはホホバオイルを「金の液」と呼び、大切にしてきたのです。

また、ホホバオイルは安定性が高い天然のオイルとして、人工心臓の潤滑油などに用いられています。油としての安定性が高いということは、酸化しにくいということ。この酸化を防ぐ力とビタミン群を大量に含んでいることから、エイジングケアに効果のある成分として、化粧品や美容液に用いられています。