TOP » オールインワンジェルってなに? » オールインワンジェルの保存方法と使用期限

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

オールインワンジェルの
使用期限と最適な保存方法は?

ひとつでお肌のケアが完了するオールインワンジェルは、忙しい女性の味方。タイプ別にさまざまな有効成分が配合され、自分のお肌の悩みに合ったものを選べるのもその利点です。しかし、間違った使い方や保存方法をすると本来の効果が得られず、かえって肌にダメージを与えかねません。オールインワンジェルの使用期限と最適な保存方法をご紹介しましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
ポイント1

オールインワンジェルの
使用期限は3年程度

オールインワンジェルの使用期限は、開封前であればほかの化粧品同様に3年程度が目安です。しかし、製造年月の表示がないものも少なくありません。なぜなら医薬品医療機器等法によって、製造後3年を超えても性状や品質が安定しているものには、製造年月の表示をしなくても良いとされているためです。

開封後の使用期限は、保存状態にもよりますが3ヶ月程度が目安。長くとも6ヶ月で使い切りましょう。無添加表示など、防腐剤が入っていないものであれば、1ヶ月程度で使い切ることをおすすめします。

ポイント2

劣化したら
使うのは避けよう

化粧品全般に言えることですが、商品開封後は空気に触れることで徐々に品質が劣化してしまいます。それはオールインワンジェルも同様。劣化したものを使い続けると肌に悪影響を与えたり、毛穴から雑菌が入り込んでしまったりと、トラブルにも繋がるため注意が必要です。

「透明だったオールインワンジェルが濁っている」といった変色や、匂いが気になる、水分が出た、または硬化してきたなど、テクスチャーの変化を感じたら使用を中止しましょう。

ポイント3

高温多湿には
要注意

オールインワンジェルの保管に適しているのは、「温度変化が少ない」「直射日光が当たらない」「湿気が少ない」の3つがそろった場所です。つまり、高温多湿の環境は保存に不向きと言えます。使用期限内であっても、オールインワンジェルの劣化を早めてしまうことになりかねません。

直射日光の当たる窓の近くや、湿気の多い浴室や洗面所、高温となる夏の車の中などは避け、なるべく涼しい場所で保管しましょう。

ポイント4

冷蔵庫
は保存に最適!?

高温多湿の場所を避けるには、じつは冷蔵庫が最適です。オールインワンジェルは低温であっても安定した品質を保つことができます。加えて夏場は、ひんやりとしたジェルが心地よく感じられるでしょう。毛穴もキュッと引き締まって一石二鳥です。

野菜室やドアの裏側は、冷蔵庫内でもいちばん温度が高く常温に近いため、急激な温度変化を防ぐことができます。ただし一度冷蔵庫に入れたら、温度変化を避けるためにも商品を使い切るまでは冷蔵庫で保管するのがベター。食物も保存する冷蔵庫では衛生面にも気を配り、雑菌が繁殖しないよう清潔に保つようにしてください。

ポイント5

使い方にも
気を付けよう

化粧品を使用する際に気を付けたいことは、温度管理のほか、空気による酸化を防止すること、清潔さを保つことがあげられます。そのためには、使用後は蓋はきっちりと閉めて保管するようにしましょう。

またオールインワンジェルの容器は瓶型が多く、つい指でジェルをすくってしまいがち。しかし、これは雑菌が入り込む原因です。衛生的に保つためにも、スパチュラを使用することをおすすめします。あらかじめスパチュラが付属している商品もありますが、付いていない場合はアイスやプリン用のプラスチック製のスプーンなどでも代用可能。スパチュラやスプーンは週に1度は洗って清潔さを保ちます。

リボン リボン

まとめ

女性

正しい使用方法
で最大限の効果を引き出す

オールインワンジェルはたくさんの有効成分が配合され、多様なお肌のトラブルに対応できる手軽なスキンケアアイテムです。使用期限や保管方法、使用する際の注意点など、以下のことに気を付けながら、オールインワンジェルの効果を最大限に引き出しましょう。

・使用期限は開封前であれば3年程度、開封後は3~6ヶ月以内を目安に使い切ること。 ・高温多湿を避け、涼しい場所でできる限り一定の温度で保管すること。 ・直接肌で触れないように清潔を保ちながら使用すること。