TOP » オールインワンジェルってなに? » 何を基準に選べばいいのかな?

何を基準に選べばいいのかな?

とてもたくさんの種類があるオールインワンジェル。そんな中から商品を選ぶのに重要なポイントとなるのが、商品の保湿力です。肌を乾燥から守る保湿ケアは、美肌を作るのに欠かせないものですが、肌状態によってどんな保湿効果が良いのか違ってきますので、その点を基準として商品を選んでいくのがおススメとなります。

  • facebook
  • twitter
  • line
ポイント1

肌のお悩みNo.1は「肌の乾燥」

あなたの肌の悩みはなんですか?という問いに、一番多かった回答が「肌の乾燥」です。肌の乾燥がおこってしまうのには、加齢による体内水分の低下であったり、紫外線やエアコンなど外部刺激によるものなどの原因が挙げられています。肌の乾燥が厄介なのは、単に皮膚ががさがさになるだけではなく、全ての肌トラブルを引き起こす元凶であるということです。そのため、毎日のスキンケアでしっかりと保湿ケアして、乾燥肌対策をしてあげることは、全ての肌トラブルの改善にも繋がるのです。続けられるケアアイテムであるオールインワンジェルなどは、乾燥肌対策にピッタリのアイテムだといえますよ!

ポイント2

肌のテカリ、実は乾燥しているせい?

肌のお悩みで乾燥の次に多く挙げられているのが、オイリー肌です。吹き出物が出やすい、Tゾーンがテカる、化粧崩れがしやすい、といったところがオイリー肌の人のお悩み。これを解消しようと、お肌の油分を取り除くことに一生懸命な人も多いと思います。けれども、取り除くことばかりを考えていると、かえってオイリー肌を悪化させてしまうかもしれないこと、ご存じでしょうか。肌の油分を取りすぎてしまうと、肌は水分保持ができずに乾燥していきます。するとこれを阻もうと、かえって皮脂が過剰分泌されてしまうのです。つまり、オイリー肌の改善にも、保湿ケアは取り入れるべきスキンケアといえるのです。

ポイント3

ワンジェルは保湿効果を基準にして
選んでいこう

人によってお肌のお悩みは多々ありますが、結局のところ一番大事になってくるのは「保湿ケア」となるようです。ですので、オールインワンジェル商品を選ぶ際には、しっかりと保湿ができる商品かどうかを基準にしていくのが、一番おススメとなります。しかし、肌状態が人によって違うように、特に補給したい保湿成分も肌状態によって異なります。オールインワンジェルに配合されている保湿成分として多く採用されているのが「ヒアルロン酸」「セラミド」「コラーゲン」です。いずれも注目の保湿成分ですが、それぞれの特徴を知ることも、商品選びに役立ってくれると思います。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はお肌の真皮層で水分を保持する役割を担っており、細胞と細胞のあいだに多く存在する物質です。もともと体内にある成分ですが、加齢などで減少することで肌が乾燥し、シワやたるみを引き起こします。

セラミド

細胞間脂質として肌の細胞と細胞のすきまを埋め、細胞同士をつなぐ成分です。外からの刺激を内側に寄せ付けないバリア機能を果たすだけでなく、水分の蒸発を防ぐ役割も持っています。セラミドがあることで、荒れづらくみずみずしい肌でいられるでしょう。

コラーゲン

肌の真皮層にあり、編み目のように張り巡らされています。弾力のあるコラーゲンの編みが肌表面を持ち上げることから、ハリを維持できるのです。高い水分保持力を持っており、乾燥を防いでシワやたるみを予防する効果が期待されます。

○その他注目したい成分

上記3つ以外に、下記のような成分も合わせてチェックしておきましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンCにはシミを薄くしたり、ニキビを予防したりといった美肌効果が期待されます。もともと肌に吸収されにくかったビタミンCを加工し、肌に浸透させやすくしたのがビタミンC誘導体。その種類や選び方について詳しく説明しています。

馬油

馬油は馬の脂肪から取れる動物性油脂。人間の皮脂と構成バランスが似ているため、お肌になじみやすく、高い保湿性を持っています。安心して使うことができるのもうれしいポイントです。馬油の種類や特徴についてまとめました。

リボン リボン

まとめ

女性

毎日の保湿ケアこそ美肌を作っていく

あらゆる肌のお悩みを改善するのに、保湿ケアがいかに重要かお分かりいただけたかと思います。ただし、私たちの肌は日々外部刺激にさらされていますし、年齢も着実に重なっていきます。つまり日々、乾燥肌への扉は開いている、ということなのです。ですので、不定期な保湿ケアはあまり効果的とはいえず、毎日のケアこそ美肌を作っていく鍵となってくれるのです。そのため、毎日ケアのケアを続けていきやすいオールインワンジェルは、美肌のための保湿ケアにとても適しているといえます。しっかり自分に合った保湿ができる商品を選んで、うるおいあるお肌をキープしていきましょう!