TOP » お肌のまがり角はいつ?年齢別スキンケア
年齢別スキンケア 年齢別スキンケア

お肌のまがり角はいつ?

年齢別スキンケア

年齢を重ねることで起こるホルモンバランスの変化や体内水分量の減少など、これらの理由により私たちの体は年齢によって変化していきます。もちろん、肌状態も例外ではありません。ですので、お肌を常に潤った美肌でキープするためには、その年齢にあったスキンケア方法に変えていくことが重要となってくるのです。

  • facebook
  • twitter
  • line
女性
注目!
注目!

今すぐ始められる
アンチエイジングに
効果的

スキンケア!

今すぐ始められる
アンチエイジングに効果的
スキンケア!

スキンケアの目的は、ハリのあるうるツヤ肌を作ること。特に年齢を重ねていくと乾燥しやすくなってくるので、肌に潤いを取り戻すアンチエイジング効果のあるスキンケア方法を、いくつかピックアップしました。

1

紫外線対策は
将来の美肌を作る基本ケア

紫外線によるお肌へのダメージは、乾燥やシミ・しわといった形で、後になって大きく現れてきます。ですので、将来に向けてのアンチエイジングケアとして、早い年代から紫外線対策をとっていきましょう。日中のUVケアはもちろんのこと、メラニンの生成を抑える効果のある化粧品でのお手入れもおススメです。

2

泡洗顔&保湿ケアは
アンチエイジングへの入り口

肌の老化を防ぐには、なんと言っても乾燥を防ぐことが大切です。泡洗顔で肌バリアを傷つけずに汚れを落として、しっかりと保湿ケアしてあげることで、肌が乾燥することを予防してあげましょう。保湿力の高い化粧水や乳液、オールインワンジェルなどが、お手入れをしていくのにおすすめアイテムとなります。

3

食事や生活習慣の改善も
立派なアンチエイジングケア

潤った美肌をキープするためには、体の内側からの改善も重要なケアポイントとなります。偏った食生活を見直して、ビタミンや良質なタンパク質など、美肌に効果的な栄養素を取り入れたバランスの良い食事を心がけましょう。また、睡眠不足や喫煙、ストレスも美肌の天敵。生活習慣の見直しも、立派なアンチエイジングケアです!

スキンケアの方法と
基礎化粧品の選び方

20

20代の肌は、前半はオイリーに傾きやすく、後半は徐々に乾燥が気になり始める人が増えてきます。とは言え、まだまだ皮脂の分泌量は多い年代。スキンケアをする時は、保湿をおこないながら皮脂の分泌量を抑えていくことがポイントとなります。ここでは、そんな20代のスキンケアに適したスキンケア方法と基礎化粧品の選び方についてご紹介しています。

30

30代に入ってくると、より肌の変化を実感する人が増えてきます。顔に疲れが表れやすくなり、これまで気にならなかったシミも濃くなってきたり…。特に目元や口元といったデリケートなポイントの乾燥が進み、小じわが気になり始める年代です。ここでは、そんな30代のスキンケアに適したスキンケア方法と、基礎化粧品の選び方についてご紹介しています。

40

40代はホルモンバランスが大きく変化していく年代ですので、よりお肌の変化も感じやすくなる時期です。代謝機能も低下してきますので、乾燥を始めとしたシミ・しわ・たるみ・くすみといった肌トラブルを起こしやすくなります。ここでは、そんな40代のスキンケアに適したスキンケア方法と、基礎化粧品の選び方についてご紹介しています。

50

50代の肌は、ホルモンバランスの乱れによる乾燥がさらに進むとされています。皮脂の分泌量も急激に減る傾向にありますので、水分の補給はもちろんですが、美肌に必要な油分も補給できるエイジングケアが必須となります。ここでは、そんな50代のスキンケアに適したスキンケアの方法と、基礎化粧品の選び方についてご紹介しています。

60

60代になると、代謝の低下や血行不良などにより肌は乾燥し、シミやしわといった肌トラブルもさらにハッキリとしてきます。さらに筋力の低下による肌のたるみも、若々しい美肌作りには見逃せないポイントではないでしょうか。ここでは、そんな60代のスキンケアに適した方法と、60代の肌に合った基礎化粧品の選び方についてご紹介しています。

70

加齢とともに肌は衰え、乾燥やしみ、しわなど肌トラブルも目立つようになってきます。特に70代は、加齢による肌の悩みも増える年代。エイジングケアのためは、どのような対策をとるべきなのでしょうか?70代のスキンケアに役立つアイテム・オールインワンジェルの役割や、適切なスキンケア方法などをチェックしてみましょう。

自分の年齢と肌質に合わせて
オールインワンジェルを選びたい方はこちら